ホーム > 施策の御案内 > 地域金融機関との連携プログラム(金融連携プログラム)

地域金融機関との連携プログラム(金融連携プログラム)

平成17年から地域金融機関との連携を深め、平成20年7月には、経済産業省初の取組みとして「金融連携プログラム」を策定しました。その後、経済情勢や施策ニーズを踏まえ、本プログラムは継続的に毎年見直しを行ってきました。なお、現在は90を超える地域金融機関と連携を行っています。

新着情報

地域金融機関との連携プログラム(金融連携プログラム)

本プログラムに参画している地域金融機関と連携し、中小企業の生産性・収益力の向上、地域経済の活性化に取り組んで参ります。

2018のポイント

2018年度は、従来から取り組んでいるセミナー支援や情報共有、施策を活用した個別企業支援を行うとともに、重点的取組として、IT導入による地域中小企業の生産性向上支援の他、金融機関から現場の生声・ニーズを集めて政策提言に繋げる政策ディスカッション等を実施し、地域金融機関と連携した中小企業の生産性向上等を支援します。

(1)IT導入による地域中小企業等の生産性向上支援

中小企業等の生産性向上を実現し、地域経済の活性化を図るため、各地の支援機関やITベンダーとも連携して、IT導入補助金活用セミナーを開催することにより、地域中小企業等のIT導入を支援します。

(2)SDGs達成を通じた地域の稼ぐ力の向上支援

各地の産・学・官・支援機関とも連携し、地域課題解決の取組にビジネスの手法を取り込むことで、SDGs達成を通じた地域中小企業等の稼ぐ力の向上を支援します。

(3)新技術等実証制度

平成30年6月に「生産性向上特別措置法案が」施行されました。本法で定められている「新技術等実証制度」は、期間や参加者を限定して、新しい技術等の実証を行うことを可能にする制度です。当局では、金融機関と連携し、本制度の活用を通じて中小企業等の事業の拡大を支援します。

(4)政策ディスカッション

中小企業支援の最前線である金融機関から、現場の生声・ニーズを収集し、政策提言に繋げるため、中小企業等の取組むべき喫緊の課題に関する「政策ディスカッション」を行います。

報道発表資料

過去の金融連携プログラム

【随時募集】地域金融関向け出前研修会の開催について

「地域産業活性化のための地域金融機関との連携プログラム」の一環で、当局職員や地域金融機関から出向してきている職員が直接金融機関に出向き、金融機関の目線から、中小企業制度、及び施策に関する実例や支援、ノウハウ等を分かりやすく御説明します。これまで中小企業施策の概要、金融機関の施策活用事例、海外展開支援、企業立地、事業承継、農商工連携等々の内容で実施しています。

地域金融機関の経営者や本店幹部のほか、支店長、法人営業スタッフなど幅広い人材を対象に出前研修会事業を実施しています。この他、お客様向けの施策説明会等も実施しています。まずは御相談下さい。

関係リンク

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.