1. ホーム
  2. 施策の御案内
  3. 省エネルギー

省エネルギー

<定期報告書問合せ窓口>

定期報告書の記載方法等、定期報告書に関して御質問のある方は、問合せ窓口を御利用ください。

窓口名称 省エネ法ヘルプデスク(一般財団法人省エネルギーセンター)
開設日時 6月24日(水曜日)~2月26日(金曜日)<土日、祝祭日を除く>
受付時間 9時30分~17時30分
フリーダイヤル 0120-005-890
E-MAIL sehd2020@eccj.or.jpメールリンク
質問受付内容 定期報告書作成方法・定期報告書作成支援ツールの使用方法・ベンチマーク指標計算方法・省エネポテンシャル推計ツール使用方法等

<その他問合せ先について>

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、現在当局ではテレワークによる業務遂行を推進しています。そこで、当面の期間、当局にお問合せをいただく際にはお電話ではなく、以下アドレスまで電子メールにてお問合せをいただきますよう御協力をお願いします。

工場・事業場に関するお問合せ(制度概要、工場の統廃合等) SYOENE-TEIKIHOUKOKU@meti.go.jpメールリンク
エネルギー企画推進者/管理員等の選解任に関するお問合せ、荷主に関するお問合せ SYOENE-TEIKIHOUKOKU2@meti.go.jpメールリンク

<令和2年度の定期報告書等の提出期限の延長について>

新型コロナウイルス感染症を巡る関東圏での緊急事態宣言に伴い、多くの事業者の皆様において、省エネ法に基づく定期報告書等の作成業務を例年どおりに進めることが困難になることが想定されることから、今般、定期報告書等の提出期限を延長することを決定しました。

詳しくはこちらを御覧ください(経済産業省のサイトへ)外部リンク

<令和二年七月豪雨の影響を踏まえた省エネ法の対応について>

令和二年七月豪雨の影響を受けた事業者の皆様に対しては、一定の配慮を行うこととし、その対応方針を取りまとめました。

詳しくはこちらを御覧ください(資源エネルギー庁のサイトへ)外部リンク

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(以下「省エネ法」という。)は、石油危機を契機として昭和54年に制定された法律であり、「内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物及び機械器具等についてのエネルギーの使用の合理化に関する所要の措置、電気の需要の平準化に関する所要の措置その他エネルギーの使用の合理化等を総合的に進めるために必要な措置を講ずることとし、もって国民経済の健全な発展に寄与すること」を目的としています。省エネルギー対策課は、省エネ法に係る執行業務や各種広報活動を実施しています。
※電気需要の平準化については、2013年改正時に導入されました。

新着情報

関連リンク

このページに関するお問合せは

資源エネルギー環境部 省エネルギー対策課

(工場・事業場担当)
電話 048-600-0443

(荷主担当)
電話 048-600-0426

(選解任担当)
電話 048-600-0426

(その他)
電話 048-600-0362
FAX 048-601-1302

最終更新日:2020年11月16日