ホーム > 施策の御案内 > 省エネルギー > 省エネ広報の取組

省エネ広報の取組

省エネルギーフェアの開催

平成27年7月に決定した「長期エネルギー需給見通し」においては、「石油危機後並み」の大幅なエネルギー効率の改善を実現し、2030年までに最終エネルギー消費量を5030万kl減少させるという見通しが示されています。これを実現するためには、近年エネルギー消費量が増加傾向にあるオフィスビル、病院、商業施設、宿泊施設等のいわゆる「業務部門」において、いかに省エネを推進するかが大きな課題です。

本フェアでは、主にこの業務部門の情報収集等を目的にした来場者と、ESCO・エネルギーマネジメント事業者等省エネに関するサービスを提供する事業者とのマッチングにより、当該部門における省エネの取組を推進することを目的としています。

省エネルギーフェア2020の出展者が決定しました

「省エネルギーフェア2020」の共同出展ブースに出展する14事業者と会期2日目に開催するカンファレンスの登壇企業が決定しました。

開催概要

日時 令和2年1月29日(水曜日)~31日(金曜日)10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト南1ホール(ENEX2020会場内 小間番号1S-F20)
主催 関東経済産業局、一般社団法人ESCO・エネルギーマネジメント推進協議会
出展者数 14社
入場料 無料
内容 ビジネスマッチングを目的とした展示会の他、省エネの最新情報をお伝えするセミナーの開催

省エネルギーフェアの概要につきましては下記のチラシを御覧下さい。

来場につきましてはENEX展事務局のサイトより来場登録をお願いします。

省エネルギーフェア2020 出展企業一覧

No 出展企業 No 出展企業
1 株式会社イースリー 8 株式会社GNE
2 株式会社ヴェリア・ラボラトリーズ 9 一般社団法人静岡県環境資源協会
3 エコエナジー株式会社 10 テス・エンジニアリング株式会社
4 一般社団法人エコファーム推進機構 11 東洋エンジニア株式会社
5 大崎電気工業株式会社 12 日本ファシリティ・ソリューション株式会社
6 グンゼエンジニアリング株式会社 13 日比谷総合設備株式会社
7 株式会社KSエンジニアリング 14 古川電気工業株式会社

カンファレンスプログラム

日時:令和2年1月30日(木曜日)13:00~16:00
会場:南2ホール エネルギーステージB
入場料:無料
テーマ:業務部門の省エネルギーを推進する為のヒントとして、補助金等の国の施策のほか、エネマネ事業者等による
            補助金活用支援、 ESCO手法による設備投資の事例といった幅広い情報をお伝えします。

時間 タイトル 講演企業
13:00~13:20 省エネルギー診断による省エネルギー事例について 一般社団法人エコファーム推進機構
13:20~13:40 SDGs対応!!業務用施設の省エネの進め方 エコエナジー株式会社
13:40~14:00 省エネルギー相談地域プラットフォームの支援事例 一般社団法人静岡県環境資源協会
14:00~14:20 古川電気工業株式会社の省エネ 古川電気工業株式会社
14:20~14:40 3つの角度で省エネMAX~エネルギーマネジメント2.0~ 株式会社ヴェリア・ラボラトリーズ
14:40~15:00 2020年加速させよう環境対策~10年後の未来を見据えて~ 株式会社イースリー
15:00~15:20 省エネ等の補助金/助成金を活用した経営力強化/企業価値向上について 株式会社GNE
15:20~16:00 関東経済産業局の「地域エネルギー事業」について 関東経済産業局

※カンファレンスのお申込み予約は満席により終了しました。

過去の開催概要

お問合せ先

資源エネルギー環境部 省エネルギー対策課
担当:栗原
電話:048-600-0362
FAX:048-601-1302

エネルギー使用合理化シンポジウムの開催

工場・事業場等でエネルギー管理に携わる方を対象に、国の省エネルギー政策の方向性、省エネ施策の新たな視点や工場・事業場における省エネ取組事例等の情報を幅広く提供するため、下記シンポジウムを開催します。

日時 令和2年2月4日(火曜日)13:00~17:00(開場・受付開始12:00)
会場 きゅりあん(品川区立総合区民会館)
東京都品川区東大井5-18-1 8階大ホール
大井町駅(JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線)徒歩約1分
定員 1,000名(参加無料)
※第3部 省エネ勉強会(1階小ホール)は、定員250名
プログラム ◇開会(13:00~)
経済産業省 関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 田村 厚雄
関東地区電気使用合理化委員会 委員長 佐藤 美智夫

◇第1部 講演(13:10~)
「省エネ政策の動向」
経済産業省 関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 田村 厚雄

◇第2部 基調講演(14:05~)
「省エネルギーに役立つIoT・AIの活用と展望」
東京理科大学 工学部建築学科助教 池田 伸太郎 氏

◇第3部 事例発表・省エネ勉強会(15:10~)※第3部は分科会となります。

事例発表【工場向け】(8階大ホール)

「スマートEMSの開発とこれを活用した徹底した省エネ活動」
パナソニック株式会社 マニュファクチャリングイノベーション本部

「電力予測システム(ZEBLA)活用による省エネ改善」
富士電機機器制御株式会社 吹上事業所

事例発表【事業場向け】(6階大会議室)

「“Tepco Energy Analisisの紹介”~電力計測から業務サポートまで~」
東京電力エナジーパートナー株式会社

「中規模オフィスビルの更新による普及型ZEBの実現」
ダイキン工業株式会社

省エネ勉強会(1階小ホール)

「省エネを正しく評価する解析の着眼点と解析例」
環境カウンセラー:関東地区電気使用合理化委員会 参与 野沢 定雄 氏

「全員参加の省エネ活動-全体管理者 企画推進者 現場の管理者 それぞれの役割-」
一般財団法人 省エネルギーセンター 省エネ支援サービス本部 本部総括 久米 伸一 氏

◇閉会(17:00)
※開催プログラムは変更になる場合がございます。
申込方法 下記のシンポジウム運営事務局のサイトよりお申込み下さい。(※第3部は選択制です。御希望の分科会にてお申込み下さい。) ※参加申込書に記載いただく個人情報は本シンポジウムに係る連絡のみに使用します。
開催案内

エネルギー使用合理化シンポジウム2019

過去の開催概要

支援機関等主催セミナー(随時募集)

当局では、御要望に応じてセミナーや勉強会等の場で、省エネに関する支援策や法制度等についての講演を行います。業界団体、産業支援機関、公共性の強い団体等でセミナーや勉強会をご計画の際はお気軽に御相談下さい。
なお、開催の意図が営利を目的とするもの、特定企業、特定商品、サービスの宣伝等、少数者の利益のみを目的とするものであると認められるものや、開催目的等が不適当又は不明確と認められるものについては対応しかねます。

また、セミナー等の開催にあたり、参加者に対するアンケートの集計に御協力いただく事があります。原則として講演にかかる費用は無料です。

中小企業における省エネルギーへの取組に係る実態調査アンケート

省エネ法では、工場・事業場及び運輸分野のエネルギー使用者に対し、省エネの努力義務を課しているところですが、省エネ法の報告義務等の有無によって、取組に温度差があると考えられています。
報告義務等のない事業者のうち大部分を占める中小企業について、省エネルギー取組の実態を明らかにすることを目的に、アンケート調査を実施しましたので、その結果を取りまとめました。

各種パンフレット

問合せ先

〒330-9715 
埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局資源エネルギー環境部 省エネルギー対策課 企画担当   
電話 048-600-0362
FAX 048-601-1302

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.