ホーム > 施策の御案内 > ベンチャー支援 > 令和元年度「テーマ別ベンチャー企業ミートアップ」を開催しました「オープンイノベーションIoT活用による人材不足、生産性向上の課題解決」~第2回2020年羽田空港跡地開発に向けた新たな取組~

令和元年度「テーマ別ベンチャー企業ミートアップ」を開催しました

「オープンイノベーションIoT活用による人材不足、生産性向上の課題解決」
~第2回2020年羽田空港跡地開発に向けた新たな取組~

羽田空港跡地では、世界と地域をつなぐ「新産業創造・発信拠点~HANEDAゲートウェイ~」の開発が進められており、1年後に開業予定です。その開業に先立ち、オープンイノベーションのネットワーク形成に向けたイベントを開催します。

今回は、多くの企業が抱える人材不足という課題に対し、IoTを活用して生産性向上に取り組んでいるベンチャー企業にその事例を発表頂きます。登壇企業との名刺交換会に加え、施設内のコワーキングスペースでの交流の機会も設けています。

開催概要

日時 令和元年7月5日(金曜日)  13:30~17:00(13:00受付開始)
会場 大田区産業プラザPiO 2階 東京都研修室
(東京都大田区南蒲田1-20-20)
※京急蒲田駅(東口)徒歩5分、JR蒲田駅(東口)徒歩15分
定員 70名(参加費無料)
プログラム 【第1部】基調講演① 

テーマ:羽田空港跡地計画 羽田の魅力

【第2部】基調講演②

テーマ:IT補助金活用事例・関東経済産業局のOI取組

【第3部】ベンチャー企業によるIoT事例紹介8社登壇(各社15分)

①株式会社i-plug
ダイレクトリクルーティングサービスによる次世代を担う若い人材の採用

②フリックケア株式会社
過去トラと事業継承に役立つ製造現場の省力化サービス

③株式会社NVT
製造業向けSNS型見積りネットワーク「TerminalQ」の御紹介

④ものレボ株式会社
サブスクリプション型"SaaS x IoT"生産管理サービス

⑤株式会社スタディスト
ビジュアルSOP(標準作業手順書)による技術伝承と人手不足対策

⑥株式会社リスタ・プロダクツ
クラウドによる情報共有で得られるローコストオペレーションの事例

⑦株式会社チームスピリット
働き方の見える化による生産性の向上

⑧株式会社リバネス
コミュニケーターの会社が町工場とベンチャーで挑戦している試み

登壇企業との名刺交換会
参加者 IoT活用を検討される企業、ベンチャー企業との事業提携等を検討している企業、投資家、金融機関、支援機関 等
主催 経済産業省関東経済産業局、公益財団法人大田区産業振興協会
共催 株式会社三井住友銀行、城南信用金庫、さわやか信用金庫、川崎信用金庫
後援 大田区、川崎市
参加費 無料

お問合せ先

経済産業省関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課
担当:長野、齋藤
電話:048-600-0422
E-MAIL:kanto-startup@meti.go.jp

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.