ホーム > 施策の御案内 > 水素・燃料電池 > 水素エネルギー利活用促進セミナーを新潟市及び浜松市で開催しました

水素エネルギー利活用促進セミナーを新潟市及び浜松市で開催しました

関東経済産業局は、令和2年1月22日、28日、新潟市及び浜松市において地元自治体との共催により、地域における水素エネルギーの利活用を促進するためのセミナーを開催しました。

本セミナーでは、水素エネルギー利活用の最新動向と将来展望に関する基調講演のほか、地元自治体の取組、更に、地元事業者や県外自治体等の皆様から、水素・燃料電池に係る先進的な利活用の取組を御紹介いただきました。また、より身近に感じていただくため、燃料電池自動車等の展示会や水素から発電した電気で温めた飲み物の提供なども実施しました。

参加者の皆様からは「大変参考になった」、「各登壇者の講演が非常に興味深く、勉強になった」「地元企業の取組が分かり良かった」などの声をいただきました。また、「水素に関するセミナーを初めて受講したが、大変分かり易い内容であった。今後も、一般の方々に向けて更なる周知が必要と感じた」、「水素燃料電池分野に取り組むものの情報交換会や研究会が必要では」「コスト低減、普及に向けたインフラ整備、補助金等が維持されることを望む」など、今後の取組みに向けた多くの御意見、御要望もいただきました。

当局では、今後も、地域における水素エネルギーの社会受容性の向上及び社会実装、水素を含むエネルギーを活用した地域課題の解決に向けて、自治体の皆様と連携し、取り組みを進めていきます。

水素エネルギー利活用促進セミナーin 新潟 開催概要

開催日時 令和2年1月22日(水曜日)13:30~16:30(開場:13:00~)
会場 新潟勤労者総合福祉センター(新潟テルサ) 本館棟3階 大会議室
(新潟市中央区鐘木185-15)
主催 関東経済産業局、新潟県、新潟市
(事務局:大日本コンサルタント株式会社)
参加者 95名(事業者、研究機関、支援機関、自治体、一般市民(県民)の皆さま)
セミナー内容

◇開会挨拶(13:30~)
関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 田村 厚雄

◇基調講演(13:35~)
東京理科大学大学院 経営学研究科 教授 橘川 武郎 氏
「水素エネルギーの最新動向と将来展望」

◇パネルディスカッション(14:35~)
「新潟県、日本海側での水素利活用」

コーディネーター
東京理科大学大学院 経営学研究科 教授 橘川 武郎 氏

登壇者(パネリスト)

  • 青木環境事業株式会社
    代表取締役社長 青木 俊和 氏
    ~廃棄物発電余剰電力を水素に変換し、事業所内のFCフォークリフトで利用~
  • 国際石油開発帝石株式会社
    再生可能エネルギー・電力事業本部 シニアコーディネーター 若山 樹 氏
    ~長岡市内でCO2メタネーション実証事業を実施~
  • 一般社団法人富山水素エネルギー促進協議会
    事務局長 若木 洋介 氏
    ~産学官金連携で協議会設立、ステーション整備など水素利活用を促進~
  • 新潟県
    産業労働部 産業振興課長 田中 健人
    ~水素サプライチェーン構築に向けた検討を実施~

※パネルディスカッションでは登壇者から取組紹介に続き、新潟県及び日本海側における水素サプライチェーン構築に向けての現状、課題などについて討議しました。

◇情報提供「広域関東圏における取組と支援策」(16:15~)
関東経済産業局 資源エネルギー環境課 地域エネルギー振興室

◇展示会等(13:00~17:00)
燃料電池自動車5台及び燃料電池フォークリフト1台の展示を行いました。
外部給電機能のデモンストレーションでは、水素から発電した電気でつくった温かい飲みものを提供しました。
デモンストレーションの実施時間(13:00~13:30,16:30~17:00)
※出展協力:青木環境事業株式会社、万代タクシー株式会社、 太陽交通新潟有限会社、新潟トヨタ自動車株式会社、東北電力株式会社

◇閉会挨拶(16:25~)
新潟市 環境部 環境政策課 参事 加藤 正樹

水素エネルギー利活用促進セミナーin 浜松 開催概要

開催日時 令和2年1月28日(火曜日)13:30~16:50(開場:13:00~)
会場 サーラシティ浜松 3階 スクエアA
(静岡県浜松市中区砂山町1107)
主催 関東経済産業局、静岡県、浜松市
(事務局:大日本コンサルタント株式会社)
参加者 117名 (事業者、研究機関、支援機関、自治体、一般市民(県民)の皆さま)
セミナー内容

◇開会挨拶(13:30~)
浜松市 産業部 エネルギー政策担当参与 内山 幸久

◇基調講演(13:35~)
東京理科大学大学院 経営学研究科 教授 橘川 武郎 氏
「水素エネルギーの最新動向と将来展望」

◇県取組紹介(14:35~)
静岡県 経済産業部 産業革新課 エネルギー政策課長 川田 剛宏
~水素エネルギー利活用に係る広報活動等の取組紹介~

◇燃料電池自動車、デモハウス展示会・外部給電デモンストレーション(14:50~)
燃料電池自動車3台及び外部給電デモハウス1棟の展示を行いました。
外部給電機能デモンストレーションでは、水素から発電した電気でつくった温かい飲み物を提供するとともに、デモハウスへの給電、ラジオ等の家電へ給電をしました。
※出展協力:株式会社赤松電気、ニチコン株式会社、サーラエナジー株式会社

◇先進事例紹介(15:20~)

  • サーラエナジー株式会社 浜松支社長 諏訪 博 氏
    ~水素ステーション運営及びエネファーム導入状況、水素利用コミュニティ検討~
  • 株式会社アツミテック 執行役員 環境技術センター長 内山 直樹 氏
    ~水素貯蔵タンク素材開発に向けた県内企業との連携~
  • 富谷市 企画部 企画政策課 主幹 菅原 憲一郎 氏
    ~水素活用で市をブランド化及び低炭素水素サプライチェーン実証事業~

◇情報提供「広域関東圏における取組と支援策」(16:35~)
関東経済産業局 資源エネルギー環境課 地域エネルギー振興室

◇閉会挨拶(16:45~)
関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 田村 厚雄

お問合せ先

関東経済産業局 地域エネルギー振興室
担当:窪木、村越
電話:048-600-0356
E-MAIL:kanto-h2@meti.go.jp

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.