ホーム > 施策の御案内 > 水素・燃料電池 > 令和元年度水素・燃料電池分野に係るビジネスマッチング会を開催します

令和元年度水素・燃料電池分野に係るビジネスマッチング会を開催します

関東経済産業局は、地域企業の方に水素・燃料電池分野に進出するきっかけとなるよう、大手ニーズ企業9社と地域シーズ企業のビジネスマッチング会(個別相談会)を下記の通り開催します。
我が国では、水素社会の実現に向け、FCVや水素ステーション等の導入支援、研究開発、実証事業等の取組を、国を挙げて進めているところで、今後も、国内外において更なる市場拡大が見込まれています。
当局では、平成28年度から勉強会(セミナー)や大手ニーズ企業と地域シーズ企業のビジネスマッチング等の取組を行って参りました。
マッチング会への多数の御参加を、心よりお待ちしています。是非、この機会をビジネスチャンスと捉えていただき、大いに御活用下さい。
※本ビジネスマッチング会は、「令和元年度地域中核企業ローカルイノベーション支援事業(広域関東圏水素・燃料電池ネットワーク形成支援強化事業)」の一環として、関東経済産業局(受託事業者:一般財団法人日本立地センター)が実施します。
 

ビジネスマッチング会の概要

開催日時 令和元年12月10日(火曜日)~12日(木曜日)
開催場所 【詳細は個別面談決定時に御連絡します】
①東京都千代田区神田駿河台1-8-11 日本立地センター会議室
②東京都千代田区神田駿河台2-1-20 ワイム貸会議室御茶ノ水
※いずれも、JR御茶ノ水駅周辺の会議室となります。
大手ニーズ企業名
(五十音順)
【令和元年12月10日(火曜日)】(計1社)
◇水素ステーション部門(小型水素発生装置(HHOG))
  • 株式会社神鋼環境ソリューション

【令和元年12月11日(水曜日)】(計3社)
◇水素ステーション部門
  • 株式会社鈴木商館
  • トキコシステムソリューションズ株式会社(旧・日立オートモティブシステムズメジャメント株式会社)
  • 三菱化工機株式会社

【令和元年12月12日(木曜日)】(計5社)
◇水素ステーション部門
  • 大陽日酸株式会社
◇エネファーム部門・業務用燃料電池部門
  • アイシン精機株式会社
  • パナソニック株式会社アプライアンス社
  • ブラザー工業株式会社
  • 三浦工業株式会社


※個別面談時間は25分です。 
※12月10日(火曜日)には、上記に加え、FCV等に関する講演及び相談会を調整しています。詳細が決まり次第、当局ホームページで御案内します。

申込対象企業
(地域シーズ企業)
水素・燃料電池分野に対し新規参入意欲のある地域シーズ企業
※関東経済産業局管轄エリアに限らず、日本全国から参加申込できます。
参加申込方法 部門別の参加申込書(エントリーシート)をダウンロードし、メール又はFAXで提出してください。
※令和元年11月20日(水曜日)17時必着
※エントリーシートの提出先は、下記申込先から御確認下さい。

照会、お問合せは、下記お問合せ先までお願いします。なお、技術的な照会事項については担当コーディネーターから折り返し回答します。

今年度、関東経済産業局では、地域中核企業ローカルイノベーション支援事業(広域関東圏水素・燃料電池ネットワーク形成・支援強化事業)において、広域関東圏の自治体や産業支援機関と連携して事業を行っております。
申込みに当たっては、日ごろ製品開発等にあたり、産業支援機関に相談をされている場合には機関名、担当者名を記載してください。(参加申込書に、記入欄を設けています。)
マッチング会参加決定連絡 いただいた参加申込書をもとに、事務局においてニーズ企業と事前調整を行い、マッチング会に参加していただく企業に対して12月初旬を目途に、面談時刻、会議室名等を記載した決定の御連絡をします。
また、御希望に添えなかった企業に対してもその旨御連絡します。
マッチング会での面談・フォローアップ 御連絡した面談時間、会議室で、マッチングしていただきます。
マッチングした地域シーズ企業には、面談後、マッチング結果のフォローアップ等に、御協力いただきます。

お問合せ先

申込み等、マッチング会に関すること

【受託事業者】一般財団法人日本立地センター 総務部企画室(担当:長岡)
 電話:03-3518-8967
 E-MAIL:fc-kanto2019@jilc.or.jp

本事業に関すること

関東経済産業局 地域エネルギー振興室(担当:村越、窪木)
 電話:048-600-0356
 E-MAIL:kanto-h2@meti.go.jp

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.