1. ホーム
  2. 施策の御案内
  3. 省エネルギー
  4. 省エネ広報の取組
  5. エネルギー使用合理化シンポジウム

エネルギー使用合理化シンポジウム

関東経済産業局では、エネルギー使用合理化シンポジウムを開催しました。
シンポジウムの動画を掲載しましたので、視聴を希望される方は、該当するプログラムの「動画を見る」をクリックください。

エネルギー使用合理化シンポジウム

令和3年度エネルギー使用合理化シンポジウム

※資料については、シンポジウム開催時点(令和4年2月)での情報となります。

プログラム

1.施策説明

「省エネルギー政策の動向について」

経済産業省関東経済産業局 省エネルギー対策課

2.基調講演

「カーボンニュートラルが起こす省エネパラダイム転換」

産業技術総合研究所 ゼロエミッション研究戦略部 総括企画主幹 田中 加奈子氏

3.事例発表

【工場】

「サスティナブルな事業経営を目指して“設備投資の徹底戦略”で短投資回収年の省エネ実現」
空調システム最適化更新で50%エネルギー削減

三井金属鉱業株式会社

「今日から始める脱炭素」
CO₂排出量50%削減を目指して

来ハトメ工業株式会社

「スペシャリストからゼネラリストへ」
社内人材資源を生かした攻めの省エネ戦略

リコークリエイティブサービス株式会社

【事業場】

「エネルギーの見える化・見せる化から始める省エネルギー」
2050年温室効果ガス排出量実質ゼロを目指す新たなステージへ

アズビル株式会社

「老人福祉施設における運用改善による省エネ実践」

社会福祉法人白百合会 特別養護法人ホーム 恩方ホーム ダイキン工業株式会社

「コープ共済プラザにおけるカーボンニュートラルの取り組み」

株式会社日建設計

4.5分で分かる省エネセミナー

【テーマ別省エネセミナーカリキュラム】

忙しい方のための、5分で分かる省エネセミナー
4つの異なる視点から省エネをとらえた実践的なセミナーです。

株式会社環境エネルギー総合研究所 所長 大庭 みゆき

GROUP A 経営と省エネ

経営層が納得する省エネ対策のフロー

経営層が納得する省エネ提案企画書の作り方

脱炭素経営の進め方

GROUP B データで読み解く省エネ

データのとりせつ(基礎編)

データのとりせつ(加工編)

データのとりせつ(分析編)

GROUP C 見える化で進める省エネ

適切な原単位の管理とは

その原単位、省エネ成果が見えますか?(工場編)

その原単位、省エネ成果が見えますか?(事業場編)

GROUP D 基礎から学ぶ省エネ

使える管理標準の作り方

C(チェック)から始める省エネ対策

5分で分かるカーボンニュートラル

問合せ先

〒330-9715
埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局資源エネルギー環境部 省エネルギー対策課 企画担当
電話:048-600-0362

このページに関するお問合せは

資源エネルギー環境部 省エネルギー対策課

(工場・事業場担当)
電話:048-600-0443
E-MAIL:SYOENE-TEIKIHOUKOKU@meti.go.jpメールリンク

(荷主担当)
電話:048-600-0426
E-MAIL:SYOENE-TEIKIHOUKOKU2@meti.go.jpメールリンク

(選解任担当)
電話:048-600-0426
E-MAIL:SYOENE-TEIKIHOUKOKU2@meti.go.jpメールリンク

(その他)
電話:048-600-0362
E-MAIL:kanto-shoene2@meti.go.jpメールリンク

最終更新日:2022年7月14日