1. ホーム
  2. 施策の御案内
  3. 製造産業/ものづくり
  4. 栃木県と連携し、中堅・中小企業とスタートアップの新たな価値創造に向けたマッチング第3号が成立しました

栃木県と連携し、中堅・中小企業とスタートアップの新たな価値創造に向けたマッチング第3号が成立しました

関東経済産業局では、地域の中堅・中小企業が、イノベーション力を秘めたスタートアップとの連携を模索し、既存事業の成長に加えて、中長期的な視点での新事業創出を促進するため、株式会社リバネスと連携し、「中堅・中小企業とスタートアップの連携による価値創造チャレンジ事業」を推進しています。

趣旨に賛同をいただいた自治体、金融機関、産業支援機関から15組織に「地域サポート機関」として参画いただき、企業推薦からマッチング対話など、各プロセスを共に推進することを通じて、価値創造活動に係るノウハウや進め方の横展開を図っています。この度、栃木県と連携し、中堅・中小企業とスタートアップの新たな価値創造に向けたマッチング第3号が成立しました。

引き続き、「地域サポート機関」とともに、中堅・中小企業とスタートアップとの協創対話を通じて、具体的な連携事例の創出を目指します。

今回の連携事例

注射針を介して投与される希少薬液は、非常に高価かつ、液だれによる使用時のロスが医療機器業界共通の課題となっています。そのため、刺通抵抗を低減するシリコーンオイル等の薬液によるコーティングや針管端面への物理的処理が行われていますが、生体親和性や塗料量の均一性という観点で課題があります。さらに、物理的処理により針管表面に錆が発生することも懸念されます。今回、インテリジェント・サーフェスの開発する「MPCポリマー」を、栃木精工の「注射針製造技術」に活用することで、注射針をはじめとし、将来的には、血管系カテーテルへの応用も視野に入れ、医療機器市場における課題解決に向けて、「人に優しい」医療機器の開発を進めていきます。

中堅・中小企業とスタートアップの連携事例

詳細はこちらのPDFファイルを御覧ください(PDF:178KB)PDFファイル

関連リンク

栃木県のプレスリリースはこちら(栃木県のサイトへ)外部リンク

中堅・中小企業とスタートアップの新たな価値創造に向けたマッチング第2号が成立しました

横浜市と連携し、中堅・中小企業とスタートアップの新たな価値創造に向けたマッチング第1号が成立しました

(参考)令和2年度の連携事例

このページに関するお問合せは

産業部 製造産業課
電話:048-600-0313
FAX:048-601-1287

最終更新日:2022年1月27日