ホーム > 施策の御案内 > 情報産業(IoT・ロボット) > “デジタルを活用して「稼ぐ力」を鍛える!”~高付加価値化の先進事例&自社用チェックリスト~を作成しました(2020年6月)

“デジタルを活用して「稼ぐ力」を鍛える!”~高付加価値化の先進事例&自社用チェックリスト~を作成しました(2020年6月)

平成元年当時、企業の時価総額ランキングでは、日本企業が世界の上位5社を独占していました。ところが、現在は、GAFAに代表されるデジタル企業、プラットフォーマーが台頭、日本企業のトップが40位以降に後退するなど、デジタル技術の活用が企業価値に直結する時代となっています。
また、我が国の経済社会を見ると、少子高齢化の進展による構造的な労働力不足、昨今の新型コロナウィルス感染症に対応した「新たな生活様式」への移行といった課題に直面しており、「自動化」や「リモート化」をキーワードとして、更なるデジタル技術を活用した、これまでにない製品やサービス、ビジネスモデルの創出が求められています。
例えば、AIやIoT、ロボット等の先端技術を駆使して、現場でしか得られない様々なデータを取得、このビッグデータとものづくりで培ったリアル技術の強みを融合して新事業につなげるなど、より高付加価値なビジネスへの転換が求められています。

関東経済産業局では、2017年度に地域の中小企業におけるデジタル技術を活用した、生産現場の見える化や効率化の取組について事例集をとりまとめ公表しました。それから3年、先行する企業では、更なるデジタル技術の活用が進み、蓄積したデータの高度な利活用により、新たなビジネスを生み出している事例が創出されつつあります。
そこで今回、あらためてこれらの最新技術を活用して新たなビジネス展開、高付加価値化を実現している企業を御紹介する事例集を作成すると共に、デジタル技術の活用を進める企業が、自社の取組状況の現状分析や支援機関に相談する際の情報共有の支援ツールとして活用できるチェックリストを作成しました。
是非、事例集を御一読いただき、具体的なデジタル化技術の活用イメージをもっていただくとともに、チェックリストを活用して自社のデジタル化の状況のチェックを行い、「稼ぐ力の向上」に向けた具体的なアクションの一助としていただければと存じます。
なお、支援機関への御相談が必要な際は、当局で公表している「ロボットシステム等導入のための主要支援機関リスト」等を御活用下さい。

デジタル導入を検討している場合

本チェックリストの活用方法

①じっくりと自社のデジタル活用状況を分析したい場合

上記チェックリストを一読いただき、43頁~48頁のチェック項目にてチェックを行って下さい。

②簡易に自社のデジタル導入状況を見える化したい場合

43頁のチェックリストにチェックを行って下さい。チェックを行う際、具体的イメージが出来ない場合は44頁以降の内容を参考にしてください。

①又は②でチェックを行った方は、必ず48頁の「05-2.チェックリスト実施後の取り組み」を御確認いただいた上で、社内のデジタル化に向けた検討を始める又は、当該チェックリストを持って、最寄りの支援機関に御相談下さい。
上記のチェックリストを御活用いただくと、支援機関とイメージの共有を行った上で、相談に入ることができます。

動画紹介

高付加価値化事例集及びチェックリスト(ダイジェスト版)(外部サイトへ)
高付加価値化事例集及びチェックリスト(ダイジェスト版)(外部サイトへ)

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.