ホーム > 施策の御案内 > 情報産業(IoT・ロボット) > IPA(情報処理推進機構)とNTT東日本が新型コロナウイルス感染症拡大防止のためテレワークシステムを緊急で試験構築し無償開放しています

IPA(情報処理推進機構)とNTT東日本が新型コロナウイルス感染症拡大防止のためテレワークシステムを緊急で試験構築し無償開放しています

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)とNTT東日本では、緊急的に誰でも簡単に利用できるリモートデスクトップ型のテレワークシステムである「シン・テレワークシステム」を緊急構築し、実証実験として無償で提供しています。

本システムの利用においては、申込み、契約などは一切不要です。NTT東日本の回線サービスに限らず、一般的な任意のインターネット回線で利用できます。
また、行政システム適応モードもありますので、都県、市町村など自治体の方にも御活用いただけます。
テレワークを行う際のセキュリティ上の注意事項も掲載していますので、こちらも御確認の上、本システムをぜひ御活用下さい。

※行政情報システム適応モードの詳細は下記のサイトより御確認下さい。

お問合せ先

IPA産業サイバーセキュリティセンター
E-MAIL:coe-promotion-inf@ipa.go.jp

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.