ホーム > 施策の御案内 > ガス事業 > 「広域関東圏ガス事業高度化シンポジウム」を開催しました

「広域関東圏ガス事業高度化シンポジウム」を開催しました

関東経済産業局では、ガス事業者の経営基盤強化や地域エネルギー活性化等に資する取組みの一環として、広域関東圏ガス事業高度化シンポジウムを開催しました。
2017年のガス小売全面自由化から2年が経過し、他燃料等との競争や人口減少と高齢化を主たる要因としたガス販売量及び収益の減少が顕在化しつつあります。他方で、ガス事業者は地域のキーカンパニーであり、安定経営のもとの持続的な事業活動は地域経済を維持するうえで益々重要になっております。

本シンポジウムでは、ガス事業者の経営基盤強化や地域エネルギー活性化等の一助としていただくことを目的に、3人の講師の皆様をお招きし自治体や他事業者等と連携して取り組むSDGsやガスの普及促進、業務効率化等のモデル的・先進的な取組をはじめとする有益な情報を提供いただきました。

開催概要

日時 令和2年1月31日(金曜日)13:30~16:00
場所 さいたま新都心合同庁舎1号館2F講堂
主催 関東経済産業局
参加者 約180名(一般ガス導管事業者、ガス小売事業者、情報サービス事業者、業界団体等)

1.主催者挨拶

関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 田村 厚雄

2.事例研究

(1)地方ガス事業者が取り組むべきSDGsについて

一般社団法人日本ガス協会 地方支援グループ 地方支援担当理事 角田 憲司 氏

(2)地域の事業者と連携したエネルギーサービス事業の取り組みについて

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
都市エネルギーソリューション部 部長 西出 篤史 氏

(3)RPAの導入による業務効率化について

京葉瓦斯株式会社 情報システム部長 時岡 宏行 氏

3.関東経済産業局からの御案内

ガス事業者が利用可能な支援施策について

関東経済産業局 資源エネルギー環境部 ガス事業課

お問合せ先

関東経済産業局資源エネルギー環境部ガス事業課
担当:古川、北村
電話:048-600-0411
FAX:048-601-1298

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.