1. ホーム
  2. 施策の御案内
  3. 地域ブランド展開支援
  4. Local X Forum Vol.8 を開催します

Local X Forum Vol.8 を開催します

「オープンファクトリー」のような「共通目的」を持つコミュニティは、地域課題解決に係るイノベーションの苗床となり得ます。そこで、各地の地域特性を生かした多様なコミュニティにおける取組をロールモデルとして発掘・紹介するとともに、地域で実際に活躍されるキーパーソンの方々をお招きした公開討論会を開催いたします。
近畿、関東、東北、四国経済産業局が連携して行うフォーラムの8回目として、「上手くワークするコミュニティの要件・要素とは」というテーマで、イノベーションを創発し、地域や産業をリブートするための「人」や「もの」の新たな組み合わせを議論いたします。

開催概要

開催日時 令和6年1月15日(月曜日)14時30分から17時00分まで
会場 新庄市エコロジーガーデン「原蚕の杜」多目的ホール(山形県新庄市十日町6000-1)
主催 近畿経済産業局/東北経済産業局/関東経済産業局
定員 50名程度(先着順)
参加費 無料
プログラム

第1部 各地のコミュニティ・キーパーソンによる事例紹介

  1. 地域への感謝から生まれる自然体のクリエイティブ
    吉野敏充デザイン事務所 代表 吉野 敏充氏
  2. 豪雪を町の力に変える「ユキノチカラ」
    ユキノチカラプロジェクト協議会 事務局/ブランドマネージャー 加藤 紗栄氏
  3. 東京・下町・墨田のオープンファクトリー 事例報告
    株式会社浜野製作所 代表取締役 浜野 慶一氏
  4. 福井を創造的な産地にする
    TSUGI LLC. 代表/クリエイティブディレクター
    一般社団法人SOE 副理事 新山 直広氏

第2部 パネルディスカッション

テーマ

  1. 上手くワークするコミュニティの要件・要素とは
  2. イノベーションを巻き起こすメカニズム など

ファシリテーター

青森大学 社会学部 准教授 石井 重成氏

詳細
申込方法

参加を御希望の方は、以下情報を記載してメールにてお申込みください。

記載事項

件名:1/15 フォーラム申込

本文:氏名、所属・役職、TEL、メールアドレス

メール宛先

local.x.forum-8@arpak.co.jpメールリンク

実施事務局(本フォーラムについてのお問合せ先)

株式会社地域計画建築研究所(略称:アルパック)京都本社
担当:山部・倉見・山口
電話:075-221-5132
E-MAIL:local.x.forum-8@arpak.co.jpメールリンク

このページに関するお問合せは

産業部 流通・サービス産業課
地域ブランド展開支援室
担当:長澤・伊豆野
電話:048-600-0314

最終更新日:2023年12月1日