シリーズ「三ツ星☆商店街」

「ハトが住みついていた空きビル問題を学生向けシェアハウスで解決」

前橋中央通り商店街振興組合 理事長 大橋慶人氏

産業部流通・サービス産業課 商業振興室

地元経済界や多くの人達の協力でLLPを設立

 今から3年前、私のところに事業コーディネーターの小林義明氏と前橋工科大学の石田敏明教授が訪ねてきました。「商店街の空きビルを使って学生や若い人向けの住宅を作れないでしょうか?」今まで考えてもみなかった提案に大変驚き、こんなことできっこないとも思いましたが、長年空いたままで商店街にとって問題の多い物件を仮の候補として選定し、事業はスタートしました。  
 築45年の典型的な雑居ビルで1階のミシン店が閉店して16年の歳月が流れていました。今は学生が住んでいますが、その当時はハトの団地で、まさに「シャッター通り」の象徴でした。耐震補強、補修箇所も多かったのですが、幸い横長の面が南に向いており、居住環境には最適でした。  
 平成24年度の群馬県商店街活性化事業コンペで優秀賞を受賞し、弾みがついたものの、事業の資金集めは難航しました。事業を行う上での組織はNPOがよいのか、株式会社がよいのか色々検討しましたが、LLP(有限責任事業組合)が比較的この事業には向いていることが分かり、平成25年4月に「前橋まちなか居住有限責任事業組合」を設立しました。1口50万円で出資組合員を募り、商店街からも数名が加わりましたが、昨今の厳しい経済状況下、なかなか出資者を得られず、最終的に大きな力になったのは、青年会議所のOB、商工会議所議員やまちづくり団体の方々でした。1,280万円の出資金を集め、日本政策金融公庫の融資と商店街役員からの借用を合わせて、ビルの改修工事に着手することができました。

学生に人気の高いシェアハウス

「シェアフラット馬場川」全景
「シェアフラット馬場川」全景

 「シェアフラット馬場川」は1階がコワーキングスペースを運営するまちづくり系の会社とブティックの2つの店舗、2階が4部屋の個室とキッチン・サロンの共用空間、3階が7部屋の個室とランドリーで、バス・トイレはそれぞれの階に設置しています。現在11部屋満室で前橋工科大学・大学院、群馬大学、前橋国際大学、専門学校と通っている学校は様々ですが、入居者は学生に限定しています。男子学生6名、女子学生5名の構成です。  
 学生の多くは商店街の中の大型書店、レストラン、カフェ等でアルバイトし、近くの「アーツ前橋」(市立美術館)やFMラジオ局にも関係し、「まち」と多くの関わりを持っています。  

個室

 また、開設時から前橋市がシェアハウスの学生を対象に家賃補助制度を新設し、条件として月間10時間程度まちでの社会活動を課していることから、学生達は商店街の七夕飾りや自治会の納涼祭への参加、緑地の散水・清掃・除草、美術館の照明設置などなど地元に大きく貢献しています。  
 本年2月にまとめた市内一円の学生アンケート調査では、シェアハウスに住みたいか住んでみたい学生は男女ほぼ45%、逆に住みたいと思わない学生は約20%と我々の想像以上にシェアハウスの人気が高いことがわかりました。シェアフラット馬場川に住んでいる学生達も学校から帰ってくると「お帰り!」と言ってもらえることがとてもうれしいと話しています。同居学生同士の関係を「友達以上、家族未満」と表現した学生もいました。

前橋工科大学生達の塗装ワークショップ   前橋まつり御神輿に参加
前橋工科大学生達の塗装ワークショップ 前橋まつり御神輿に参加
 七夕まつり個店装飾  花花セール
七夕まつり個店装飾 花花セール

win・win・winのシェアハウス事業

 「ウィン、ウィン」とはビジネスの世界で双方とも利益があるよい関係性を言いますが、「シェアフラット馬場川」はまさに「win」の3乗で、どの面を取ってもよい結果に結びついている稀な事業であることに思い至りました。  
 商店街にとっては長年手が付けられなかった空店舗が解消し、新しい店舗が開業したことにより魅力が増すと共に毎月の賦課金が入るようになったこと。地元自治会も若い世代の力が加わったこと。ビルのオーナーもこれまで固定資産税を払い続けてきた手に余る物件が、家賃収入が上がりさらに住宅転用したことで固定資産税も大幅に減免になったこと。学生達にとっても「まち」に住むことは同時に様々な人々と係わることになり、多くの社会体験が得られると共に共同生活により協調性を学べること。  
 そして、この事業に深く関わっている私達夫婦にとっても大きな楽しみをもたらしてくれています。学生達の親代わりにはなれませんが、少しでも安心で快適な生活が送れるよう、後ろ盾になりたいと思っています。昨年は草津温泉や軽井沢の日帰り旅行に行って、楽しい思い出を作りました。また時々ご近所の方を招いて誕生パーティーを開いたりしています。私自身これまで数多くの商店街事業やまちづくり活動に携わってきましたが、こんなに楽しく、そしてやりがいのある事業は初めてです。  
 「シェアフラット馬場川」の事業は、これに係わる全ての人達が幸せになることを目標にしています。

2階サロンでのお好み焼きパーティー(大橋)  第1回ミーティング時の集合写真(初めて同士の居住者) 
2階サロンでのお好み焼きパーティー(大橋)  第1回ミーティング時の集合写真(初めて同士の居住者)
草津温泉への日帰り旅行 
草津温泉への日帰り旅行  

 

☆ここがウリです!

◇組合名 前橋中央通り商店街振興組合
◇理事長名 大橋慶人(おおはし よしと)
◇所在地 群馬県前橋市千代田町

過去の「三ツ星☆商店街」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310