金融連携プログラム

   第8回『地域金融機関向け情報共有会』開催報告

地域経済部 金融連携推進室

 

 関東経済産業局では、平成26年10月2日、3日に金融連携プログラムに参画する管内地域金融機関向けに、『第8回情報共有会』をさいたま新都心合同庁舎1号館で開催しました。2日は信用金庫等担当者向け、3日は地方銀行、信用保証協会等担当者向けで、計約195名の方に参加頂きました。

 第一部のテーマ別勉強会では、テーマ@で金融機関による事業承継支援のポイントを中小企業基盤整備機構の事業承継コーディネーターが、テーマAで補助金以外の施策活用の推進として生産性向上設備投資税制について当局担当者が、それぞれ解説しました。  
 第二部では、「金融連携プログラム2014」のポイントと今年度の重点項目について説明を行った後、平成27年度経済産業省関連の概算要求について中小企業対策関係予算を中小企業庁から、環境・エネルギー関連予算について当局から、説明を行いました。また、その他施策の紹介として、@企業単位の規制改革(「グレーゾーン解消制度」等)について、A知財ビジネス評価書、知的資産経営報告書作成支援について、B「J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─」について、それぞれの施策担当者が説明を行いました。

第8回『地域金融機関向け情報共有会』

1.日 時  平成26年10月2日(木)管内信用金庫等担当者     
        平成26年10月3日(金)管内地方銀行、信用保証協会等担当者
2.場 所  さいたま新都心合同庁舎 1号館1階 多目的室
3.出席者  地銀25行(43名)、信用保証協会12機関 (20名)  信金等51信金・信組(79名)、
        オブザーバー等13機関(22名)、 当局職員(約30名) 合計195名程度
4.次 第
(1)挨拶
<一部 テーマ別勉強会(14:05〜15:25)>

第8回情報共有会の様子
<第8回情報共有会の様子>

(2)テーマ別勉強会
   @ 金融機関における事業承継支援体制の構築について
   A 設備投資税制について

<二部 情報共有会(15:40〜17:00)>
(3)金融連携プログラム2014について
(4)平成27年度経済産業省関連予算について
   @ 中小企業対策費について
   A  環境・エネルギー関連について
(5)その他の施策説明
  ・企業単位の規制改革(「グレーゾーン解消制度」等)について
  ・知財ビジネス評価書、知的資産経営報告書作成支援について
  ・「J-GoodTech(ジェグテック)─日本の優れた技術・製品.com─」について

アンケート結果


  参加者アンケートでは、「大変良かった」、「まあまあ良かった」が9割を超えた一方で、改善点として「情報量が多すぎる」、「ポイントを絞って説明して欲しい」、「説明時間が短い」、「もう少し詳しい情報が欲しい」といったご意見を頂きました。
  また、今回のアンケートでは、今後開催を予定する「小規模な情報共有会(※)」において、議論してみたいテーマについてお聞きしました。地方銀行、信用金庫とも「創業」「販路開拓」「事業承継」について関心が高い結果となりました。

  今後も、参画金融機関の皆様のご要望等を踏まえ、適宜、情報共有会を開催して参ります。

地方銀行 信用金庫


(※)小規模な情報共有会(参加機関数は5〜10程度を想定)は、金融機関が共通のテーマについて抱えている課題や取組状況などについて、金融機関同士または金融機関と国の施策担当者が意見交換を行うことで、当該テーマの理解を深め、さらなる施策活用促進を図ることを目的とする。

 

過去の「金融連携プログラム」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310