イベント報告

「海外メディアツアー」を実施しました

産業部 国際課

 関東経済産業局では、平成28年2月19日(金)に千葉県北総地域において、「海外メディアツアー」を実施しました。
 本ツアーは、情報発信力の高い知日派外国人や外国大使館員がツアー形式で地域を訪問し、効果的な情報発信を行うことにより、地域へのインバウンドを促進することを目的として実施しました。
 ポイントは、地域資源(食・町並み等)を効果的に結びつけることであり、具体的には、「地酒」、「地元食材」、「船めぐり」、「町歩き」を組み合わせた観光体験を通して、参加者には地域の魅力を一体的に体感してもらいました。
 当日は、アメリカ、イギリス、ブルガリア、チェコ、中国、フランス、台湾のメディア、大使館員等およそ30名が参加し、江戸時代に利根川水運で栄えた同地域の魅力に触れ、参加者から様々な驚きと発見のコメントがあり、新聞、雑誌、SNS、ユーチューブなど様々なメディアを通じて情報が発信されました。

フランス人によるYouTubeへの掲載
 「2MIN JAPAN」(YUMMY JAPAN)
香港メディアへの掲載
「文匯網JAPAN NOW」(香港文匯報)
   
 
10ヶ国への配信
「Japan Travel」(Japan Travel)
 

<ツアー行程>

  • 東京駅出発
  • 酒蔵見学−鍋店(なべだな)(株)神崎(こうざき)蔵(神崎(こうざき)町)
  • 道の駅見学−発酵の里こうざき(神崎(こうざき)町)
  • 昼食、舟巡り、町歩き(香取市佐原(さわら)
  • 酒蔵見学−(株)飯沼本家(いいぬまほんけ)酒々井(しすい)町)
  • 東京駅解散

<訪問先の様子>

 (1)鍋店(株)神崎蔵

 同社の歴史や酒造りへのこだわり等、大塚社長から概要説明を受けた後、酒蔵で日本酒の製造現場を見学しました。大まかな製造工程(蒸し米、酒母づくり等)の丁寧な解説に加え、蒸し米や麹の試食などの貴重な体験に参加者は大変興奮していました。

蔵見学の様子 試飲の様子

(2)道の駅 発酵の里こうざき

 全国で唯一「発酵」をテーマにした道の駅を訪問し、神崎の地酒や全国各地の発酵食品等が並ぶ「発酵市場」では、多くの参加者が買い物を楽しみました。一方で、参加者からは、施設内や商品の英語表記、「発酵」や取扱商品に関する外国語での説明を求める声も寄せられました。

「発酵市場」外観 発酵市場での買物の様子

(3)昼食・舟巡り・町歩き

 香取市佐原では、外国人客のおもてなしを目的に組織化された地域の通訳ボランティアガイドとキーパーソンにより、食事から町歩きまできめ細かい対応を頂きました。蔵を改装した風情あるレストランでは、シェフが吟味した地元の食材や調味料を使った食事と佐原の地酒との組み合わせを堪能し、食後は、中心部を流れる小野川の舟巡り体験や町歩きを通じて、江戸期の面影が今も残る風情ある佇まいと、江戸優(まさ)りの精神を持つ人情豊かな文化が融合した町並みを歩き、かつての商都・交易都市佐原の魅力を体感していました。

歓迎の挨拶を行う佐原商工会議所事務局長  地域の通訳ボランティアによるおもてなし(左前)
   
小野川舟巡りの様子 町歩きを楽しむ参加者

(4)(株)飯沼本家

 同社の歴史や酒造りへのこだわり等、飯沼社長から概要説明を受けた後、酒蔵で日本酒の製造現場を見学しました。蔵見学終了後は、古民家を改装した蔵併設店舗「まがり家」や優美な日本庭園を見学し、参加者は、インバウンドに資する観光蔵としての可能性を感じていました。

「明治蔵」での概要説明の様子 蔵併設ショップ「まがり家」見学の様子

<ツアー参加者からの主な評価・コメント>

  • “江戸”との交易により繁栄した優美な伝統文化やアトラクションを体験できる内容で、非常によく考えられプラニングされている。強化策としては、ターゲットを分類し、より効果的なツアープロモーションを積極的に行うと良い。(メディア)
  • 鍋店は、酒造りのプロセスを体験でき素晴らしい。特に、蒸し米や麹の試食体験は貴重であった。また、大塚社長の流暢な英語に驚いた。(メディア)
  • 佐原という魅力あふれる町を訪問できて感動した。地元のガイドはフレンドリーで、レストランの雰囲気は素晴らしく、食事はとても美味しかった。船めぐり、街歩きは完璧だった。(大使館)
  • 飯沼本家は、近代産業と伝統を組み合わせた施設が良かった。日本庭園も素晴らしく観光客に最適である。成田空港へのアクセスも良く、トランジットツアーに向いている。(大使館) ・酒蔵内や商品の多言語表記、説明があると良い(メディア)
  • 各訪問先において、少なくとも半日の滞在時間が欲しかった(メディア)

 本ツアーでは、神崎町、香取市、佐原商工会議所、酒々井町をはじめ、千葉県、ジェトロ千葉等多くの行政機関・支援機関の協力をいただき実施することができました。参加者及び関係者の皆様には、改めて御礼を申し上げます。
 今後、当局では、本ツアーの参加者からいただいた評価・コメント等を踏まえ、地域へのインバウンドを促進する取り組みを一層強化していきます。

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310