海外展開

  シンガポール出張報告
〜サポート企業と連携した地域資源の海外展開支援〜

産業部 国際課

■背 景

 関東経済産業局では、「関東地方産業競争力協議会(※1)」において、平成26年3月に取りまとめられた「関東地方産業競争力強化戦略」に基づき、自治体の広域連携等による地域資源の活用・融合・ブランド化の強化や地域資源(農林水産品・食品等)の海外展開支援に取り組んでいます。

 昨年度、当局では、ASEAN市場や中東市場に展開するための拠点であるシンガポールにおいて現地調査を実施した結果、展示会後の継続的なフォローアップ不足など、事業者や自治体による販路開拓における課題が見られ、特に、契約締結や輸出継続に導くための支援スキームの必要性が浮き彫りになりました。

 そこで当局では、昨年度の結果を踏まえた取組の深化として、新たに中小企業の海外展開支援ノウハウに長けた民間事業者(サポート企業)と連携しつつ、シンガポールでの展示会「Oishii JAPAN 2015(※2)」を舞台に、常設展示、バイヤー招聘、知財支援等をワンパッケージにした支援を行いました。

※1「関東地方産業競争力協議会」は、日本再興戦略(平成25年6月14日閣議決定)を地域において国と地方とが一体となって実行していくための体制であり、構成員は、経済界の代表、有識者、関東甲信越静の1都10県の知事・政令市市長。

※2「Oishii JAPAN 2015」は、平成27年10月22日〜24日にシンガポールで開催されたASEAN市場最大級の日本の食に特化した展示会及びB to Bの商談会。日本から294社・団体(全国42都道府県)が出展し、10,910人が来場。今回が4回目。

■概 要

 食関連の地域資源の輸出拡大を目的に、アジアのハブであるシンガポールにおける食関連の展示会「Oishii JAPAN 2015」に出展し、当局、サポート企業、自治体が連携し、全国46社(関東管内22社)の出展を支援しました。シンガポールにショールームを有するサポート企業の(株)キュアテックス(※3)は、現地のキーパーソンやインフルエンサー等も活用しつつ支援しました。その結果、140以上の商談を行い、その中にはシンガポールやその他のアジア企業など有望な商談が実施されました。

当局が支援するブースの様子 大勢で賑わうブースの様子

※3(株)キュアテックスは、海外の自社ショールームを活用した地域資源の海外展開ビジネスをサポート。シンガポールや上海に設置しているショールームでの展示・販売等を通じたワンストップ型販路開拓・拡大を支援。シンガポールのショールームは、日本各地の雑貨、伝統工芸品の販売促進支援の他、日本の特産品をメニュー化したイートインにてバイヤー等へアピール。

シンガポールのショールーム
IPPIN「極品」
ショールームに並ぶ各地の地域資源

 なお、本年当局は、本展示会出展に向けて、自治体やサポート企業などの関係者と連携の上、以下の取組を実施しました。

  1月 当局主催の「広域連携による販路開拓支援連絡会」を開催し、11の管内都県政令市
    から海外展開のポテンシャルの高い地域資源を共有。

  6月 地域一体となった海外販路開拓をサポートするために、当局主催の「シンガポールにお
    ける地域産品販路開拓サポート事業説明会」を自治体向けに開催。

10月 当局主催の「知的財産セミナー」を本展示会出展者向けに開催。

■今後の取組

 本展示会の終了後も、シンガポールのショールームにて継続的に情報発信するとともに、有望な商談案件については海外のバイヤーを日本に招聘して商談を実施し、成約に向けた支援を継続的に実施します。

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310