女性活躍企業 
          〜 興津おきつ螺旋らせん株式会社(静岡県静岡市) 〜

地域経済部 産業人材政策課

 静岡市の 興津おきつ螺旋らせん株式会社では「ねじガール」と呼ばれる若手の女性社員が活躍しています。昭和14(1939)年に鉄製の もくねじメーカーとして創業した同社は、現在では住宅、自動車、工作機械など幅広い産業を支えるステンレスねじの国内トップメーカーです。確かな技術と優秀な人材により高品質なねじ及び関連部品の開発、製造、販売を行う同社の取組みを紹介します。

1.企業概要

(1)ステンレスねじのトップメーカー

 ねじは、時に「産業の塩」と呼ばれ、私たちの社会生活には欠かせない重要な基盤部品です。同社は昭和14(1939)年に木材の締結に使用される鉄製のもくねじ工場としてスタートし、戦時中は航空機部品を製造。終戦後は建築用ねじ、釘や鉄線の製造をし、その後、昭和55(1980)年からはステンレスねじの設計・製造・販売に特化、現在では年間1,800トンの生産量を誇るステンレスねじのトップメーカーです。同社のねじは、住宅の窓枠などエクステリアをはじめ、キッチン、洗面所、浴室等の水回り、家具、産業用ロボットや工作機械、家電、自動車、スキー・スノーボード等のスポーツ器具など、幅広い分野を支えています。JIS規格に代表される規格品を主体とした標準品から表面に接着剤などの薬品を塗装したプレコート加工ねじ等の在庫品をはじめ、顧客の要望に応じた専用設計から試作、量産化までのオーダーメイドにも高い技術力で対応し、年間7,000種類以上を製造しています。  
 一般的にねじの製法は、「切削」と「冷間鍛造」との大きく二つに分けられます。同社は「冷間鍛造」加工を得意とします。「冷間鍛造」は常温で金型により圧力を加えることで成型する手法。「切削」と比較し、材料のスクラップも極めて少なく、歩留まりも良く、生産効率も高いことが特徴です。  
 そして同社の強みの根源は、製造ラインの社員自身による生産設備の自主保全です。35才以上の現場社員は外部研修機関で専門教育を受講し、国家資格である「機械保全技能士」1級の取得を目指しています。現場の4割の社員は2級を取得済みであり、保全スキルをもった優秀な人材を育成することで、生産設備の性能を最大限に発揮させる事が可能となり、高品質製品の供給を実現しています。

                      
本社外観 代表取締役社長 柿澤宏一氏
本社外観代表取締役社長 柿澤宏一氏
                      
ステンレスねじ  
ステンレスねじ 
 

(2)新素材ねじの開発と用途の開拓

 消費税が5%に上がった平成9(1997)年には、増税前と比較して売上高が大幅に減少しました。その逆風を契機として、ステンレスよりも硬度が高く、加工が難しいチタン合金を使用したねじの研究開発に着手しました。これは柿澤社長が、社長室長の時、「新しいことに挑戦することで社内に活気を取り戻すためであった」といいます。素材メーカーとも連携し、平成17(2005)年には量産に成功。その後、開発を進め、ブラッシュアップし、社長に就任した平成19(2007)年にはチタン合金ねじの生産技術を確立。同時に用途開拓も進めてきました。
 柿澤社長は「人が幸せになるものかどうか」を基準として用途を開発。サーキット走行やサイクリングなど自身の趣味からヒントを得て、競技用の自動車や自転車向けに用途を定め、チタン合金ステアリングボルトやスポーツサイクル用チタン合金ボルト等を量産。平成21(2009)年11月からはインターネットによるオンラインショップも開設。現在では、プロの競技選手も、その軽量さと高い締結剛性による使い心地を絶賛し、愛用しています。
 

                      
チタン合金ステアリングボルト(紫色の部分) スポーツサイクル用チタン合金ボルト
チタン合金ステアリングボルト(紫色の部分)スポーツサイクル用チタン合金ボルト

2.ねじガールの誕生と活躍

(1)ねじガール誕生

 ねじガールが誕生したのは平成24(2012)年6月のことでした。
  同社では、従来、男性が製造現場職、女性は経理や営業補助の事務職という性別による限定的な配属をしていました。しかし、新卒入社社員の女性比率が高いという現実、併せて、性別関係なくあらゆる職種・職場を経験することで仕事を多角的に捉える事のできる人材育成を目指すため、ねじガール誕生前年の平成23(2011)年には、近い将来、女性を製造ラインにも登用しようという経営方針を固めていました。 こうした中で、平成24(2012)年4月新卒採用者向けの工場実習を受講し、ものづくりに対する興味を抱いた新入女性社員から「配属先を営業職から製造現場にして欲しい」という熱心な申し出がありました。まさに渡りに船。この申し出を受け入れる形で、同年6月に初めて、ねじ製造ラインに女性社員が配属され、初代ねじガールが誕生しました。文系出身者でしたが、現場で機械や工具の役割を勉強。先輩社員からの指導も受けながら2012年12月には5台の機械を担当するまでに成長しました。

                      
ねじ製造に取組む初代ねじガールの佐野さん  
ねじ製造に取組む初代ねじガールの佐野さん 

(2)ねじガールの活躍による効果

 現在、6名のねじガールが活躍しています。その愛らしいネーミングと現場で輝きながら活躍する姿が話題を呼び、地元紙をはじめマスコミで取り上げられました。その結果、企業としてのイメージも向上し、認知度も上がりました。採用活動においてもねじガール誕生の翌年度以降は、誕生前の平成23(2011)年比3〜5割増の応募が集まるなど、外的評価が著しく向上しています。なお、平成27(2015)年4月採用予定者の中でも2名が既に、ねじガール候補です。
 そして、一番の効果は、ねじガールが自分たちの作業を自分一人の力で完遂させるために考案した治具により生産現場全体の生産性向上が実現したことです。男女の体格差や筋力差から、ねじガールは男性以上に負担を強いられていましたが、生産設備のボルトナットを締め付ける際の工具を見直し、支点から力点までの距離を長く取ることで小さな力でも確実な締め付けができるように改善。加えて、金型の追加工を行う際も、直接研削部分に触れることなく、レバーを上下させるだけで、意図する形状に加工できるような治具を考案しました。こうした女性目線のアイディアと改善・工夫が同じ製造ラインの男性にも受け入れられ、製造ライン全体の生産性、作業品質、安全性の向上、重量作業の軽減に寄与する結果となりました。

                      
ねじガールの皆さん
(前列左から佐野さん、<br/>望月由佳利さん、後列左から森田さん、高山さん、望月美和子さん、迫さん)
本社工場
ねじガールの皆さん (前列左から佐野さん、
望月由佳利さん、後列左から森田さん、
高山さん、望月美和子さん、迫さん)
本社工場

3.人材の活躍を促す具体的な取組

(1)限定的な配置制度の廃止と短時間勤務制度

 平成24(2012)年4月以降、性別による限定的な配置の廃止を実施しました。性別にかかわらず本人の希望により柔軟に配属先を決めるこの改革の結果、前述のとおり、ねじガール誕生に繋がっています。  
 また、短時間勤務制度も整備し、平成25(2013)年11月に育児休業から復帰した事務職の女性社員が仕事と育児の両立のために活用しています。この制度は、「言いたいことは言えば良い」という社風の中で、女性社員からの提案により導入した制度です。

(2)誕生日会等によるコミュニケーション活性化に向けた取組

 社員間のコミュニケーションは従来、同世代、同役職、同性の間に偏り、違いを超えたコミュニケーションは希薄でした。特に、男性が多数を占める製造ラインにおいては、それまで男性のみの職場であったため、平成24(2012)年にねじガールが配属された当初は相談相手にも事欠く状況でした。そこで、現社長の発案により社員がランチを共にする誕生日会を毎月開催。誕生日会は仕事の話題はもとより、趣味やスポーツの話題などを通じて所属部署を超えたコミュニケーションのきっかけとなる絶好の機会となっています。その他、年に4回、総務部や社長室が中心となり発行する社内報にて社員の活躍状況や社長の思いを社内で共有しています。リーマンショックを受けて中止していた社員旅行も平成25(2013)年から復活させました。様々な機会を設定し、社内のコミュニケーション活性化に取組んでいます。

                      
11月誕生日の社員の皆さんと柿澤社長  
11月誕生日の社員の皆さんと柿澤社長 

(3)事業所内託児所設置の検討

 今後、ねじガールをはじめとする女性社員が、出産、子育ての時期を迎えた際にも退職することなく、家庭と両立し、仕事を続けられるよう、未就学児対象の事業所内保育所を本社敷地内に設置すべく検討を始めたところです。性別関係なく、若手社員が子育てと両立し、輝きながら活躍しつづけることができるよう、ソフト面だけでなくハード面の支援も検討しています。

4.今後の事業展望と人材戦略

(1)事業展望

 チタン合金の量産化に成功した後、ニッケル合金(インコネル)のねじ開発に着手し、平成24(2012)年にはこちらの素材でも量産技術を確立しています。ニッケル合金(インコネル)は硬度が高く、耐熱性にも優れているため、発電用タービン等への需要も見込まれます。現在、自社製品として販売している競技用自動車や自転車向けのチタン合金ねじや前述のニッケル合金(インコネル)ねじなど、高付加価値商品で価格競争にさらされることなく、他社とは差別化された商品群の更なる開発、製造を目指すとともに、用途開拓と営業力の強化にも取組みます。

(2)人材戦略

 柿澤社長は、ねじガールの誕生をきっかけとして、生産技術の標準化・システム化も目指しています。社内現場のみで行われる職人技の伝承だけではなく、外部の専門研修も多いに活用し、数字や知識による理論的な教育も行うなど、人材育成の方法も変えていきたいと考えています。
 一方、基礎的な取組みとして、平成24(2012)年からは地元大手メーカーOBをコンサルとして受入れ、現場改善活動を強化しています。現場改善の提案者には内容によって1〜6等級の提案報奨金が支払われる仕組みも用意。平成25(2013)年からは改善提案とは別に「現場“探検”日々『気づき』シート」の取組みも新たに開始しました。現場改善提案時に必要な改善効果についての明確な金額算定は難しいものの、有効と考えられる小さな“気づき”を広く拾い出し、共有し、見直していこう、という活動です。平成26(2014)年11月現在で104件の“気づき”が寄せられています。
 やる気のある社員がモチベーション高く仕事に取り組めるよう、丁寧に社員の声を聞き、職場内のコミュニケーションを活性化し“言いたいことを言える”風土を醸成、社員一人ひとりの能力が最大限発揮できるよう、将来を見通しながら、柔軟に環境整備を進めます。

興津螺旋株式会社
◇ 住所 静岡県静岡市清水区興津中町1424  
◇代表者名 代表取締役社長 柿崎 宏一 氏
◇創業年 昭和14(1939)年
◇資本金 3,500万円
◇事業概要 ステンレスねじ、チタンねじ、ニッケル合金ねじ等の設計、製造・販売
◇従業員 75人(正社員65名)うち女性:30名(正社員21名)※平成26年12月現在      
◇ URL http://www.okitsurasen.co.jp/    

      ◇ 経済産業省施策活用実績
       ○平成24年度補正 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金:
    /難加工素材の連続二次加工製品試作開発
       ○平成25年度補正 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業補助金:
    /難加工素材製品転造加工技術開発

過去の「産業人材」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310