企業情報

国内外に新たなテキスタイルを訴求することで産地の活性化を図っていく
                                                〜有限会社福田織物〜

産業部 経営支援課

 

 遠州織物の技術を活かし、従来のストライプ柄とは異なる立体的な表面デザインで、軽く柔らかい“深畝(ふかうね)柄デザイン変則二重織” を開発し、 同生地と、これを用いた服飾雑貨を販売展開する事業計画が、平成27年7月6日、「地域産業資源活用事業計画(※)」の第26号認定を受けました。
 今回は、同社の事業展開について、代表の福田靖氏にお話を伺いました。

※中小企業者が、中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法 律に基づき、地域産業資源を活用した新商品・新サービスの開発、販路開拓に取り組 む「地域産業資源活用事業計画」を作成し、認定を受けると、補助金、融資制度、課 税の特例等の各種支援施策を利用することができます。

(真中左 福田正子専務、真中右 福田靖代表)  

■「賃織り」からの脱却

 遠州地方は古くから、綿素材を中心とした織物を、分業体制で生産してきた地域です。昭和38年創業当時、アパレル等からの注文を受けた産元商社を通じて、 生地を織る工賃仕事が主流であった同地において、福田氏は35歳で代表取締役に就任。デザイナー・アパレルに直接生地販売できる、繊維企画・製造・販売メーカーを目指しました。
 平成14年には法人(有限会社福田織物)を設立、平成19年からは海外販売を開始。既存の織物業の他にも、ストールやシャツなどのオリジナル商品の開発・販売も手がけるようになり、 現在では、国内及び海外のアパレルから高い評価を受けるようになっています。
 平成27年3月には、その活動が評価され、中小企業庁より「がんばる中小企業・小規模事業者300社」 に選定されました。

■「光透けるストール」の成功

  同社が、特に脚光を浴びるきっかけとなった商品が「光透けるストール」です。細番手織物の高い技術を生かし、 通常の高級シャツに使用する糸の2分の1細い糸を超極細糸に紡ぎ、柔らかで滑らかに仕上られた製品です。
 百貨店等からは当初、その比較的高額な価格(現19,440円 (税込)。80色)を懸念する声もありましたが、他に類を見ないその品質の高さと、商品PRの工夫等により、 コンスタントに販売実績を上げ、今では「『ストール』の福田」と言われるまでの商品となっています。
 本商品によって、百貨店各社の口座を獲得することに成功しました。

光透けるストール

■新たなテキスタイル「BECCO(仮称)※」への挑戦

 今回の認定計画で目指す商品は、近年、海外大手ブランドから求められている、透明感・凹凸感のある立体的な生地を開発するものです。
 コーデュロイ技術を活用し、複雑な織物設計・生地組織開発・デザイン設計・畝のカット技術等により、ストライプ以外の多様な深畝柄デザインを実現し、 透け感が高く、軽く、柔らかい立体的な生地を開発します。
 綿以外のシルク、麻等の素材も活用し、秋冬シーズンのみならず春夏も活用できる通年型商品とする予定です。 生地にはブランド名「BECCO(仮称)※」を付与し、ブランド価値を高めるとともに、同生地を使用した服飾雑貨も展開します。
 また、セレクトショップ系アパレルに限定したダブルネーム展開も行っていきます。

※昔は別珍、コールテンの頭をとって「ベコ」と言われていたことが由来。遠州織物の産地に通じ、素材の表面の凹凸を感じる名前でもある。 従来の別珍・コールテンを凌駕する新たなテキスタイルブランドと位置付けています。

  
深畝柄デザイン変則二重織

■今後の事業展開について

 国内生産は、ここ10年減少しており、今や過去最低となっています。遠州織物産地の活性化のため、事業成果を早急に出さなくてはいけないと感じています。 国産生地は、納期を守ることや、きめ細やかなオーダーに対応できること等から、海外から高い評価を得ています。
 若い頃、単身フランスに商談に渡った際は、 品質が良ければ海外のアパレルは話を聞いてくれることが分かりました。海外には目利きの専門家がいます。イタリア等欧州においてブランドを確立し、 その後アジアに販路開拓を図っていく計画です。インバウンドも、最近百貨店での催事売り上げの3分の1を占める等、魅力的なものであると実感しています。
 また、販売の際は『見せ方』も重要です。HPを効果的に活用し、展示会と併せて顧客に訴求して行きます。 「かっこいい」、「クリエイティブ」という考え方は求職の際も重要だと思います。
 ものづくりのポイントは、「感動するものづくり」です。 社内では「既存品からの延長したものづくり」はしない気運を高めています。比べるものがなければ、価格競争に巻き込まれることも回避できるようになります。

有限会社福田織物 
◇住所 静岡県掛川市浜川新田771
◇代表者名 福田 靖
◇電話 (0537)72-2517
◇FAX (0537)72-5025
◇URL http://www.fukuda-textile.com/
◇業務内容  綿を中心とした織物の製造開発全般
◇認定計画 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chikishigen/data/3-27-248fukudaorimono.pdf

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310