企業情報

衰退した伝統工芸品雛人形の復活を望んで
                                               〜有限会社桂雛〜

産業部 経営支援課


 同社所在地である茨城県城里町は、かつては徳川家の城下町として、建築職人や工芸職人などが住み着いた歴史があります。この地は、明治中期頃から埼玉県・静岡県と並び代表的な雛人形の産地でありましたが、現在は、衰退してしまいました。伝統ある雛人形の復活を目指す有限会社桂雛を紹介します。

【桂雛の概要】

 有限会社桂雛は、1926年(昭和元年)に創業。水戸で修行した現社長の祖父である小佐畑喜士氏が戦後、城里町で製造を始め個人企業として創業。その後、平成16年に法人化し、現在は、県内の一般顧客への製造販売が大半を占めている。
 人形業界は、そのほとんどが製造と販売において、全てが分業化されている中、職人による一貫製造販売が当社の強みである。
 同社主力商品は、親王飾りといわれる男雛、女雛の2体と屏風、飾り台。雛人形の市場は、経済成長期においては7段飾りなどの雛人形が売上の主流であったが、長引く不況に加え、核家族化と少子化などの要因により市場全体が伸び悩んでおり、この状況に対応する為に、親王飾りへ生産シフトし、事業展開を行っている。
 また、平成26年2月に事業計画名「コンシェルジュ型パターンメイドによる別誂え雛人形の開発及びブランド化による地域活性化事業」にて地域産業資源活用事業の認定を取得した。

有限会社桂雛 店内 親王飾り雛人形
有限会社桂雛 店内  親王飾り雛人形  

【日本伝統文化を纏ったモダン・インテリア・アートへの新たな挑戦】

 「作り手がコンシェルジュとなり、エンドユーザーと共に一から雛人形作りを行う。」
小佐畑社長の強い想いから始まった、日本伝統文化をまとったインテリア・アートへの展開である。これまでは一般的な雛人形販売と同様に、メーカー側の嗜好で製造した完成品を展示販売していたが、本商品は発想を逆転させ、裂地(生地)や着物種類等の雛人形の根本的構造部から顧客要望を取り入れた。
@ 現代にも伝承されている文様と色づかいから生み出される意味合いを人形の装束に自由にあつらえることで、エンドユーザーのストーリーをそのままに、心や想いやアイデンティティを雛人形と通して表現すること。
A 新たな価値を提供する雛人形として、節句だけに留まらず、インテリアとしても通年飾れるアートとして市場を創出し、自社ブランドの向上、知名度向上を目指すこと。

 この2点をコンセプトに日本伝統文化に付加価値を加えた新たな挑戦を行っている。

雛人形作り 雛人形作り
雛人形作り 雛人形作り

【今後の事業展開】

 「地域産業資源活用支援補助金」を活用した商品企画とブランドディレクションを実施し、新しいコンセプトの雛人形としてブランディングし、インテリア市場向け展示会に出展し、国内外へ向けて発信。
 海外有名デザイナーのファリブリックを用いて共同で個人の想い出を表現した雛人形や、ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局と連携した日本とベルギーの友好関係を表現した雛人形などを「コンシェルジュ型パターンオーダーメイド雛人形」をサンプルとして展示したところ、バイヤーから高評価を受け、「確かな手応えを感じた。」と小佐畑社長は語った。
 今後は、日本伝統文化を継承するモダン・インテリア・アートとして、国内、海外へと本格的に発信し、商品開発、プロモーションを推進していくこと。
 海外においては、公式推奨を頂いているベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局と連携し、欧州中心に知名度向上と販路開拓を目指すこと。
 国内においては、節句だけではなく通年飾れるアートとして、新たな市場を創出し、市場の拡大を目指すこと。
 また、「茨城県城里町の地域活性化のため尽力すること。日本伝統文化を継承する者として、次の世代へ繋ぐ責任を果たすことが私の目標です。」と小佐畑社長は熱く語った。

 日本伝統文化を守りつつ、新たな分野への挑戦、日々意欲的に取り組んでいる有限会社桂雛の更なる活躍に期待したい。  

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局長ダミアン・ドーム氏と有限会社桂雛 代表取締役 小佐畑孝雄氏"
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局長
ダミアン・ドーム氏と有限会社桂雛 代表取締役 小佐畑孝雄氏
ICチップ埋込成形を施した皿
小佐畑孝雄氏が学生時代に憧れていたベルギー出身の
デザイナー「ドリス・ヴァン・ノッテン」のシルクのストールを
雛人形の衣装に用い、若き日の自分への想いを表現した雛人形
有限会社桂雛 
◇住所 茨城県東茨城郡城里町阿波山1186
◇代表者名 代表取締役 小佐畑 孝雄
◇資本金 3,000千円
◇創業 1926年
◇従業員 3人
◇業務内容 人形製造販売業 

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310