企業情報

両毛地域の繊維技術が世界のファッションを彩る
                       〜有限会社小池経編染工所〜

産業部 経営支援課


 日本有数の絹織物の地である両毛地域に、染色整理業として創業し100年余り。両毛の産地に根付く技術により作り上げた生地を、パリ、ミラノなど世界のファッション中心地への売り込みに奔走する有限会社小池経編染工所を紹介する。  

【小池経編染工所の取組み】

 小池経編染工所は、1905年(明治38年)に創業。足利銘仙などの絹織物の染色整理を長らく手がけてきたが、時代の変化にあわせて、分業体制での染色整理の枠を超え、生地のデザインから製品開発まで行っている。
 特に両毛産地に古くから伝わる絹綿交織(タテ糸に絹、ヨコ糸に綿を使用した交織)の技術を駆使し、肌触り良く、吸湿性に優れた生地を開発。パジャマやシーツなどの寝具等を手がけるとともに、足利工業大学睡眠科学センターと協力し、首に負担をかけない独自の枕「首枕」を開発するなど、幅広い事業展開を行っている。

【染色工場の様子】 絹綿交織の生地を使用した快眠姿勢を誘う「首枕」】
※特許第5161270号 発明の名称「まくら」
【染色工場の様子】  絹綿交織の生地を使用した快眠姿勢を誘う「首枕」
※特許第5161270号 発明の名称「まくら」
 

【海外市場の獲得に向けて】

 「産地の技術が残っているうちに、何とか活路を見出したい。」こうした強い想いから、小池経編染工所は、縮小する国内市場から海外市場を獲得するための方策の検討を始める。
 海外市場を目指すきっかけとなったのは、出展した国内のテキスタイル展示会に訪れた海外バイヤーから、「このような繊な生地は欧州にはない。珍しい素材だ。」と、両毛産地の生地が高く評価されたこと。そして、海外のテキスタイル展示会での大手メゾンとネットワークを持つエージェントとの出会いからである。エージェントは、両毛産地の技術の高さ、小池社長の熱意に今後の全面的な協力を約束してくれた。

 「海外で自分たちの生地がどれだけ通用するのか。」早速、エージェントとともに、世界のファッションの発信地であるミラノの大手メゾンに直接売り込みを行った。
 メゾンからは、生地への評価、改善点などダイレクトな意見が聞け、担当者の熱意を肌で感じることができた。そして何よりも、「大手メゾンは品質が確かなら値段に関係なく買ってくれる。」という手応えを得た。
 手応えを胸に帰国。本格的な海外展開に向けて、両毛産地の海外展開に関心を持つ企業に呼びかけ「両毛シルクワールド・プロジェクト」を立ち上げた。
 具体的な事業実施に当たっては、中小企業の海外展開を支援する「JAPANブランド育成支援事業」を活用。費用の2/3を補助金で賄い、残りの1/3はプロジェクトメンバーで捻出した。

  【ミラノのショールーム】
 【ミラノのショールーム】 

 このプロジェクトの鍵は、「世界のファッショントレンドを踏まえ、顧客(海外大手メゾン)のニーズに機動的に対応できるか。」である。
 早速、ミラノ、パリの大手メゾンにネットワークを持つ現地エージェントと契約し、シーズン毎の新作の売り込みや、エージェントが持つショールームでの常設展示を行った。
 顧客に近い距離に拠点を持つことにより、現地の最新の活きた情報を入手することができ、また大手メゾンの細かな要望にも迅速に対応することが可能となった。
 こうした取組みを続けることにより、大手メゾンの担当者との信頼関係も構築することができ、シーズン毎の展開がスムーズになった。大手メゾンからの要望は多岐に渡り、なかなか簡単に行かないが、徐々に取引が成立するなど、着実に成果が上がっている。

【新たな挑戦】

  【テクテラとのミーティング】
 【テクテラとのミーティング】 

 小池経編染工所は、更なる展開を考え、次なるプロジェクトを始動した。事業の実施中に知り合ったエージェントを介して、フランスの絹の一大産地、リヨンに拠点を構える繊維支援機関「テクテラ」との連携プロジェクトである。 日本企業で初めてテクテラの会員となり、アトピー等に優しい機能性素材の開発に向けた協力の提案など、国境を越えた産地間連携の実現を目指している。
 リヨンは、足利の繊維産業の礎を築いた栃木県工業学校(現:足利工業高等学校)の初代校長 近藤徳太郎氏が留学した縁の地。
 「こうした歴史的な繋がりを意識したビジネス展開も考えて行かなければならない。」と小池社長は熱く語る。
 新たな活路に向け、日々意欲的に取り組んでいる小池経編染工所の更なる活躍に期待が寄せられる。

有限会社小池経編染工所
◇住所 栃木県足利市西宮町2833   
◇代表者名 代表取締役 小池 隆
◇設立 1905年(明治38年)
◇資本金 600万円
◇従業員 3人
◇業務内容 染色整理加工  
◇URL http://www8.ocn.ne.jp/~yabos45/1901.html    

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310