企業情報

日本の逸品を世界へ発信
                                          〜株式会社エアリーライム〜

産業部 経営支援課


 「伝えたいコトや思いを、伝わるかたちに−」を理念に、平成20年に女性だけで起業された株式会社エアリーライムを紹介します。同社は「平成25年度小規模事業者活性化補助金」を活用され『未発見のクールジャパンの魅力を世界に広める電子書籍プロジェクト」を開始しました。

電子書籍のポスター 電子書籍のポスター
電子書籍のポスター 

【女性二人の編集プロダクション会社】

  アセンドの技術開発担当者との打ち合わせ風景
 アセンドの技術開発担当者との打ち合わせ風景 

 同社は、フリーの立場ではできないような面白い仕事を作りたいとの思いから立ち上げられた、女性二人の編集プロダクション会社です。女性の視点を生かした衣食住についての記事が得意で、特に“食”が強みとのこと。起業してから各種書籍やクライアントの企業広報物の制作等を手がけられ忙しい日々でしたが、そろそろ自分たちの作品を作りたいと『Everyday Japanese Slow Craft(丁寧に作り上げた日本の日用品の逸品)』というタイトルで電子書籍の新事業をスタートされました。折しも補助金事業がスタート。その資金を活用することで、出版が現実のものとなりました。

【新事業の概要】

 新事業は、日常的に使う暮らしの道具や食材の中にある、伝統的な職人の技と文化が息づく良品を取り上げた電子書籍を1テーマずつ制作し、海外へ紹介していくものです。「手ぬぐい」と「醤油」がテーマの書籍が既に配信され、2014年9月に「和紙」が配信予定です。同社にとって電子書籍は初めての試みであり、配信までは苦労も多かったとのこと。例えば、日本人なら「手ぬぐい」と聞けばそのイメージは沸きますが、これを何も知らない、素材や使用場面の想像すらつかない外国の方へ紹介するのは一苦労です。「Japanese Hand Towels」だけでは伝わらない「伝統的な職人の技と文化が息づく良さ」を伝えるため、表現等の工夫が必要です。また、電子書籍で効果的に見えるレイアウトは紙の書籍とは異なり、閲覧する機種によってもその仕様が異なるため、完成まで試行錯誤の連続であったとのこと。こうした技術開発については、株式会社アセンドと協力しながら進めています。更に、広告の仕方も、紙の書籍とは異なるアプローチが必要であり、日々そうした課題に対応されている様子が印象的でした。こうしたノウハウを生かし、今後、電子書籍や企業広報物を企画から配信までワンストップで請け負うことが目標で、それを自社の強みにしていきたいとのこと。
 この電子書籍によって、潜在的なジャパンブランド・ファンの掘り起こしや販路開拓に繋げ、伝統産業の生産者を支えたり、文化と技術を次世代へ伝えたりしたい、という素敵な展望を伺うことができました。新たなテーマの配信や今後の事業展開が楽しみです。

電子書籍サンプル「手ぬぐい」 配信した電子書籍(様々な機種より)
電子書籍サンプル「手ぬぐい」  配信した電子書籍(様々な機種より)  
株式会社エアリーライム
◇住所 東京都港区南青山2-12-15 サイトービル 4F   
◇代表者名 代表取締役 横尾 久美子
◇設立 2008年(平成20年)1月
◇資本金 350万円
◇役員 2人
◇業務内容 紙および電子媒体の制作・出版  
◇URL http://airy-rhyme.co.jp    

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310