企業情報

「ものづくりの楽しさを伝える」〜若手人材の成長を会社の力に
                                     株式会社ミヨシ

地域経済部 地域振興課


 試作品やプラスチック成形金型の製作、小ロットプラスチック製品製造などの確かな技術で顧客から高く評価される株式会社ミヨシ。数年前に35歳の若さで経営を継いだ杉山耕治社長は、課題だった若手社員の育成に力を注ぎ、ものづくりの楽しさに目覚めた若手がいきいきと活躍する会社をつくりました。その成功の秘訣とは?

【まずは離職率の改善から】

杉山社長(最前列中央)と社員の皆さん
杉山社長(最前列中央)と社員の皆さん

 杉山社長が経営を継いだ当時、会社はリーマン・ショックによる仕事の減少と、若手社員の離職率の高さに悩まされていました。会社の建て直しには何よりも技術を受け継ぐ若手社員の定着が必要、と考えた杉山社長は、これまで何人もの社員が入社後に「こんなはずでは…」と去っていったことを振り返り、まず、採用時に仕事の良い面だけではなく大変なところもきちんと伝えるように心がけました。また、入社後にはものづくりを通じて世の中に貢献する大切さを繰り返し説くことで、仕事の使命感をしっかりと伝えるように努めました。こうして社長が一人ひとりの社員と真摯に向き合い、考えを丁寧に伝えることで社内の雰囲気が変わり、離職率は改善されていきました。

【技術の伝承に力を注ぐ】

 同社では、入社した社員は事務職も含めて全員が、工場に入って部品加工に使う刃物(バイト)研ぎを経験します。お客様の技術ニーズに応えるために、営業などの事務職も現場を知っていなければ、というのが杉山社長の考えです。中には文系出身で営業職を志望して入社したものの、現場でものづくりの楽しさに目覚め、今は技術者として活躍している社員もいるなど、技術の知識が白紙に近い文系出身者であっても、仕事としてやりたいことがマッチングしていることによって、仕事に順応する能力が高い場合もあるそうです。では、このような若手にベテランの技術をどう伝えるのでしょうか。「見て盗め、では人は育たない」と杉山社長は語ります。社内では若手に何でもよいので好きなものを作らせ、出来上がった作品を必ずベテランに見せて、アドバイスをもらうようにしています。教える側も熱心にアドバイスを求められれば、自然と指導に熱が入り、時には逆に、若手ならではの発想から学ばせられることもあるそうです。このような「教え、教えられること」の習慣付けが、ミヨシの高い技術力を支えています。 

金型を丁寧に磨く 手作り用具で作業環境を改善(測定具収納BOX)
金型を丁寧に磨く 手作り用具で作業環境を改善(測定具収納BOX)  

【新しいものづくりへの挑戦】

  杉山社長には「高い技術力こそが日本の国力」という信念があります。そのためミヨシは「低コスト・短納期」では勝負せず、顧客への提案力と丁寧な仕事を強みとする試作・開発型企業として取引先を広げてきました。特に、車のヒューズボックスのような複雑な形状のプラスチック部品を成型する金型の製作では、自動車メーカーから絶対的な信頼を得ています。しかし試作・開発の仕事には波があり、取引の安定のためには最終製品も手掛けたい、そのような思いで近年取り組んでいるのが、他の中小企業やデザイナーと協力した商品開発です。昨年は町工場とデザイナーを繋ぎ、商品開発を進める合資会社BRANCHの協力で、角RやC面などのサンプルをかわいい板チョコの形で成形した設計補助ツール“Resiina”(レッジーナ)のネット販売を開始し、今年2月からは、電子機器の設計や企画、コンサルティングを行う機楽株式会社や株式会社スイッチサイエンス、株式会社JMCの4社で共同開発した、人型模型ロボット組み立てキット“RAPIRO”(ラピロ)の販売が開始されました。これらの商品開発にも若手社員が積極的に参加し、他社との協同作業を通じて技術者としての視野を広げています。「これからは“Resiina”や“RAPIRO”を本格的に海外に売り込みたい。今年はそのための足掛かりを作っていきたいんです」杉山社長の構想は更に広がります。

人型模型ロボット組み立てキット“RAPIRO”(ラピロ) “RAPIRO”は子供達にも大人気! ミヨシの技術力が活かされた“RAPIRO”の金型
人型模型ロボット組み立てキット“RAPIRO”(ラピロ) “RAPIRO”は子供達にも大人気! ミヨシの技術力が活かされた“RAPIRO”の金型



株式会社ミヨシ
◇住所 東京都葛飾区西新小岩5-19-14   
◇代表者名 杉山 耕治
◇設立 1982年12月
◇資本金 3500万円
◇従業員 13名
◇業務内容 試作、プラスチック射出成形金型製作、射出成形、治工具製作
◇URL http://www.miyoshi-mf.co.jp/    



●関連施策
平成24年度補正予算「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発用等支援補助金」
(採択No.241)



 

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310