シリーズ

  「高品質スキンケア製品の製造〜ガイア・エヌピー株式会社の挑戦〜」 
                      

産業部 経営支援課

 真っ青な空と濃緑の山々、その先に残雪抱く中央アルプスを望む、信州の中山間地域。梅雨の晴れ間に水滴が輝く薬草は、その生命力の強さを感じさせます。 ガイア・エヌピー株式会社は、新鮮な薬草を使用するため、この地域に新工場を建設しました。自然由来の高品質スキンケア製品の販売と地域振興を目指す同社の取り組みを紹介します。
 


【良好な自然環境で育つ安全な原材料を求めて】

  同社は、横浜市の自社工場にて自然素材を用いたスキンケア製品の製造を行っています。その原材料は、素材メーカーから仕入れ、品質管理の基幹部分が他者任せとなっていたことから、原材料の生産から成分抽出、そして製品化と一貫した品質管理を行うことが課題となっていました。
 同社では、長年の経験から、薬草として知られるドクダミ、ユキノシタの成分がスキンケア製造に生かせる知見を持っていました。そこで、これらの薬草を原材料とし、同社の製造技術を生かした製品の開発を検討し始めました。
 その中で同社は、長野県駒ヶ根市の中沢地区に、これらの薬草が多く自生するとの情報を得ます。同地区は中山間地域で、清浄な空気や水をはじめとした豊かで良質な自然環境の中にあります。原材料の栽培に適したこの地域で、薬草の安定的な生産・調整を求めていた折、同社は花卉・ハーブ栽培を手がける所河しょがわ農場と出会います。同農場は、中山間地域にあるため日陰・湿地等の悪条件下の農地が多く、栽培可能作物の導入が長年の課題となっていました。そこで、所河農場の花卉・ハーブ栽培のノウハウを生かし、日陰・湿地等の農地を利用して、薬草のドクダミ、ユキノシタを無農薬で生産することになりました。
 さらには、周囲の農業者も連携することにより、同社が求める良好な自然環境で育つ安全な原材料を十分に調達することが可能となりました。

薬草 薬草を使用した製品
薬草 駒ヶ根産薬草を使用した製品


【高品質スキンケア製品の生産と地域振興】

 高品質なスキンケア製品を製造するにあたり最も重要な点は、原材料である植物を成分の抽出に適する時期に収穫し、新鮮な状態のまま処理を行うことです。輸送等によるタイムロスをなくし、収穫した薬草から即時に成分抽出が行えるよう、同社は平成25年6月、薬草栽培農場の近隣に新工場を建設しました。
 これにより、適切な時期に収穫した新鮮な原材料から成分抽出を行うことが可能となり、高品質スキンケア製品の製造が可能となりました。
 さらに、農業者が栽培、収穫したドクダミ、ユキノシタ等の薬草を全て同社が買い取る事業協定書の締結も行われました。この事業協定により、農業者にとっては新たな農産物の販路が確保されました。
 また、同社が地元の薬草を使用し製造した製品の一部を農業者が仕入れ、農業者ブランドとしてスキンケア商品を販売することも予定しており、地元の新たな物産品としての販売展開が期待されます。
 これらの農業者と連携・協力し製造した製品が今まで以上に消費者へ認められていけば、中山間地域の産業振興に繋がります。今後は自然由来の高品質スキンケア製品の魅力を消費者に発信し、販路を拡大させることが必要となります。
 中山間地域とともに新たな一歩を踏み出した同社の挑戦はこれからも続きます。  
 

 駒ヶ根工場
駒ヶ根工場 



ガイア・エヌピー株式会社
◇ 住所 東京都渋谷区猿楽町11-6  
◇代表者名 代表取締役 武井 三郎
◇資本金 1,000万円
◇従業員 15人
◇業務内容 アロマセラピー関連商品の輸入、製造及び販売
化粧品の製造販売
サプリメントの製造販売
バスエッセンス、シャンプー等の製造販売
◇ URL http://www.gaia-np.com/    

 

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310