シリーズ

  「世界が憧れる結城紬を目指して 〜奥順株式会社の挑戦〜」
 

産業部 経営支援課

 奥順(株)店舗
奥順株式会社店舗

 関東平野の中央、筑波山の裾野を流れる鬼怒川沿いの茨城県、栃木県に跨る地域は、古くから「結城紬」の産地として知られています。その中心、茨城県結城市で明治40年に創業した奥順株式会社は、創業以来、結城紬の産地問屋として結城紬の伝統を守り続け、また近年では、結城紬の「軽くて、暖かく、着心地よい」特徴を活かした高級アパレル・インテリア商品の開発に取り組んでいます。結城紬の二千年の歴史と魅力を世界に発信し続ける同社の取り組みを紹介します。
 


【ユネスコ無形文化遺産に登録された結城紬の魅力】

真綿の手つむぎ糸
真綿の手つむぎ糸

  本場結城紬は、真綿から一本一本手で紡ぎ出した糸を、撚りをかけずに使用します。このような無撚糸は世界で唯一、結城紬にのみ残っています。本場結城紬の製造工程は約40工程からなり、職人による極めて熟練した高い技術が必要とされるため、2010年には、この製造技術がユネスコの無形文化遺産に登録されました。
 世界でも類をみない真綿糸を使用した結城紬は、「軽くて、暖かく、着心地よい」風合いが特徴とされ、昔から上質でお洒落な着物用生地として、多くの方に愛用されてきました。しかし、時代と共に着物離れが進み、近年、結城紬の生産反数は減少の一途を辿り、平成20年度の生産反数は平成元年度の約3割にまで落ち込んでいます。
 結城紬の歴史と伝統、巧みの技と魅力を後世に確実に継承し、産地の需要を拡大させるためには、これまでにはなかった新しい商品の開発が産地にとっては喫緊の課題となっていました。


【広幅生地の研究と高級ホームウェア等の開発】

 広幅生地
広幅生地

 奥順株式会社では、平成8年より結城紬の洋服への展開を目指して広幅生地の開発に取り組んできました。真綿から紡いだ無撚糸は非常に脆く、機織りには人の手による微妙な力加減が必要とされ、機械加工には不向きとされていましたが、同社では長年の研究により技術的課題を克服し、平成9年には約70cm幅の広幅生地の開発に成功しました。通常、着物に使用される生地は一反で約38cm幅のものが主流であり用途が限られますが、同社の持つ広幅生地の開発技術により、結城紬を洋服、インテリア用品など着物以外の分野にも応用することが可能となりました。こうして結城紬の産地復活をかけた同社の新たな挑戦がスタートしました。
 

 奥順株式会社では、数年前に自社ブランドである「YUKI OKUJUN」を立ちあげ、結城紬の特徴を最大限に活かした高級ショールをはじめ、服(コートなど)、ニット等の開発に取り組んでいます。また、平成21年6月には、「二千年の歴史を有する結城紬の特性を生かした、高級ホームウェア・インテリア用品等の新商品の開発と販売」で、経済産業省の地域産業資源活用事業計画の認定を受けています。同社の若手社員が中心となって開発・提案する商品は、現代風なデザインでありながら、真綿の素材そのままの風合いを生かした素朴で上質な商品として、国内外のファッション展示会、セレクトショップ等で高い評価を得ています。

本場結城紬のショール 結城紬のコート
本場結城紬のショール 結城紬のコート


【世界が憧れる結城紬を目指して】

 フランス・パリで年2回開催される世界最高峰の服飾生地の見本市『PREMIERE VISION』。その中でも、『Maison d’Exception』は、ブランドへの特別な価値の付与を目的に生まれた新しいプロジェクトです。そのコンセプトは、世界に埋もれている布・伝統的工芸品・職人の技を有する布とトップファッションブランドとの融合にあります。
 奥順株式会社は、『PREMIERE VISION』の会長をはじめ関係者の視察と熱心な出展依頼を受け、2011年に、『Maison d’Exception』に初めて出展しました。また、2012年の「2012〜2013年秋冬パリ・メンズコレクション」では、高級服飾ブランド「ルイ・ヴィトン」の服飾生地として採用されるなど、同社の商品と結城紬の魅力は、着実に世界で認められつつあります。
 現在、結城紬の産地には、糸とり、染屋、機屋など関連する生産者が多く存在しますが、その多くが後継者不足などの問題に直面し、結城紬伝統の技の継承が危ぶまれています。これらの生産者と連携・協力し開発した商品が今まで以上に世界で認められて行けば、産地の復活と活性化に必ず繋がるはずです。「世界が憧れる結城紬」を目指して、結城紬が持つ二千年の歴史と伝統を守り続け、その魅力を世界に発信する同社の挑戦はこれからも続きます。  
 

奥順株式会社
◇ 住所 茨城県結城市大字結城12−2   
◇代表者名 代表取締役社長 奥澤 順
◇設立 昭和21年10月(創業明治40年)
◇資本金 6,000万円
◇従業員 38人
◇業務内容 絹織物・絹織物製品等の製造・販売
◇ URL http://www.okujun.co.jp/C06.html    

中小企業地域資源活用プログラム
    http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chikishigen/index.html

 

過去の「企業情報」はこちら

ホームページへ戻るTOPへ戻る

発行元:
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館
関東経済産業局広報・情報システム室
電話:048-600-0216    FAX:048-601-1310