関東経済産業局TOP > 統計・資料 > 電力需要速報(3月)

電力需要速報(3月)

電力の保安に関することは関東東北産業保安監督部へ、また、FIT制度に関することは新エネルギー対策課へお問合せ下さい。

関東東北産業保安監督部  電話:048-600-0386
新エネルギー対策課    電話:048-600-0361

2016年5月20日
資源エネルギー環境部 電力事業課

◆ -大口需要23ヶ月連続で前年下回る- ◆

 3月の電力需要は、総需要は260.1億kWhとなり、前年同月比1.2%増と2ヶ月連続で前年を上回った。

 自家発を含む産業用大口需要は、84.2億kWhとなり、前年同月比2.0%減と23ヶ月連続で前年を下回った。

 この産業用大口需要のうち、食料品製造業、化学工業等の業種で前年を上回り、紙・パルプ製造業、窯業・土石製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、機械器具製造業等の業種で前年を下回った。

用途別の電力需要

用途別の電力需要

(注1)   大口需要とは、主として動力を使用する需要で、東京電力における契約電力500
    kW以上の需要と発電所の最大出力が500kW以上の自家発自家消費電力需要の
           合計値です。     
           四捨五入の関係で集計値とその合計が一致しないことがあります。
(注2)   日本標準産業分類の改訂に伴い、平成21年4月より業種別分類がそれ以前と異なり
           ます。
           平成21年4月以降の対前年比は、前年同月実績を現在の区分に合わせることにより
           算定しています。

業種別産業用大口需要(自家発含む)

総需要(自家発含)
産業用大口需要(自家発含)
業種別産業用大口需要
↑画像をクリックすると拡大画面が表示されます。

 

グラフ(印刷用)(EXCEL:307KB)

産業用大口需要電力量業種別
平成27年3~平成28年3月(EXCEL:224KB)

(参考)

  1. 関東地域は、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川より東側)
  2. 産業用大口需要は、主として動力を使用する需要で、東京電力における契約電力500kW以上の需要と発電所の最大出力が500kW以上の自家発自家消費電力需要の合計値です。
  3. 特定規模需要は、一般電気事業者が供給する契約電力50kW以上の事業場の需要です。
  4. 特定規模事業者は、契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者(PPS)
  5. 特定電気事業者は、限定された区域に対し、自らの発電設備や電線路を用いて電力供給を行う事業者です。
  6. 四捨五入の関係で集計値とその合計が一致しないことがあります。
  7. 日本標準産業分類の改訂に伴い、平成21年4月より業種分類がそれ以前と異なります。平成21年4月以降の対前年比は、前年同月実績を現在の区分に合わせることにより算定しています。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.