関東経済産業局TOP > 施策のご案内スマートコミュニティ(スマートシティ) > 「関東スマコミ連携体」自治体と事業者のマッチング会を開催します(平成27年度第1回)

「関東スマコミ連携体」自治体と事業者のマッチング会を開催します(平成27年度第1回)

 スマートコミュニティを実現するためには、「地域の課題」と「解決するための仕組み(ソリューション)」のマッチングが重要です。関東スマコミ連携体では、具体的なスマートコミュニティのプロジェクトを形成する一助となるべく、自治体と事業者のマッチング会を開催します。  

 プロジェクトの形成に向け、自治体や企業の意欲のある担当者同士が自由にブレインストーミングする場としてご活用ください。

開催概要

日時 平成27年7月27日(月)13時00分から17時30分まで
場所 さいたま新都心合同庁舎1号館 2階 講堂
(埼玉県さいたま市中央区新都心1-1)
主催 関東経済産業局
対象 自治体に対し、スマートコミュニティをはじめとする、環境・エネルギー分野を通じた地域課題解決や活性化に繋がる提案が出来る企業
※複数の企業が1つのコンソーシアムを組んでエントリーすることも可とします。
参加費 無料
内容 (1)主催者挨拶
(2)関東経済産業局の事業紹介 及び 本日の進行について    

 【第1部】13時20分から

(3)「自治体によるショート プレゼンテーション」
 (自治体の担当者が、地域の課題や特徴、エネルギー関連の取
  り組み、本マッチング会に期待することなどを発表します
  (各5分程度))
(4)フリータイム「名刺交換会」   

 【第2部】14時40分頃から

(5) 「個別意見交換会(マッチング)」

参加自治体

自治体名 取り組み概要
武蔵野市(東京都) こちらをご覧ください(PDF:7MB)
稲城市(東京都) こちらをご覧ください(PDF:105KB)
伊那市(長野県)
※7月2日 参加表明
こちらをご覧ください(PDF:829KB)
坂城町(長野県) 平成23年度から「スマートタウン坂城」の構築に向けた取り組みをスタートさせ、再生可能エネルギーのインフラや次世代送電網(スマートグリッド)などを整備し、地域全体の電力の有効活用や再生可能エネルギーの活用など複合的に組み合わせた地域を目指しています。

こちらをご覧下さい(PDF:5MB)
浜松市(静岡県) 浜松市は、浜松版スマートシティ(=エネルギーに対する不安のない強靭で低炭素な都市)の実現に向けて、「浜松市スマートシティ推進協議会」を設立しました。
協議会に参画し、新しいまちづくりを一緒に進めていただける企業を求めています。

【参考】

牧之原市(静岡県) こちらをご覧ください(PDF:3.3MB)

駒ヶ根市(長野県)がオープン参加します。
※プレゼンや個別意見交換の設定はありませんが、参加者との積極的な名刺交換などを希望します。

企業の方の申込方法

※締め切りました。

その他

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.