関東経済産業局TOP > 施策のご案内スマートコミュニティ(スマートシティ) >「関東スマコミ連携体」キックオフセミナー 開催報告

「関東スマコミ連携体」キックオフセミナー 開催報告

 当局では本年2月に、各地(特に中小都市や地方都市)におけるスマートコニュティの構築に向けての情報共有、ビジネスモデル検討、連携先開拓などを広域で取り組むプラットフォーム(緩やかなネットワーク)として、自治体や事業者(エネルギーの供給事業者、マネジメント事業者、周辺機器製造販売事業者)等で構成される「関東スマコミ連携体」を創設することを発表しました。  
 創設構想を発表した後は、自治体やエネルギー供給事業者は勿論のこと、ものづくり企業やサービス産業など多くの関係者から期待の声が挙がったほか、エネルギー関係の業界紙でも取り上げられるなど、様々な反響がありました。  
 今年度に入ってからは、関東スマコミ連携体の“プレ・イベント”と位置付けた勉強会を2回(自治体向け、事業者向け各1回)開催するとともに、勉強会の参加者や関係者に対してスマコミ連携体へのニーズをお伺いし、スマコミ連携体の方向性や具体的取り組みなどについて検討を重ねてまいりました。  
 そして、8月6日に「関東スマコミ連携体 キックオフセミナー」を開催して関東スマコミ連携体を正式に創設するとともに、今後の取り組み方針について発表いたしました。 その具体的内容については、本セミナーの資料又は当局の電子広報誌「いっとじゅっけん」をご覧ください。
 また、本セミナーでは、スマートコミュニティの案件創出に向け、自治体と企業との連携のあり方、スマートコミュニティ実現を通じた地域活性化などについて、有識者の講演や柏の葉スマートシティの関係者による議論を通じて情報共有を図るとともに、自治体や事業者間の垣根を越えた交流を行うことで、将来の事業化の基盤づくりを行いました。

開催概要

日時 平成26年8月6日(水)14:00~16:45
(開場:13:30)
※セミナー終了後に、16:45~18:15まで同会場において懇親会も開催
場所 機械振興会館 ホール
東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 地下2階
主催 経済産業省 関東経済産業局
対象 企業関係者、地方自治体職員、NPO職員、その他エネルギー政策に興味のある方
(153名参加)
参加費 無料
※但し、勉強会終了後の懇親会については、会費(3,000円程度)を当日徴収しました。

■ 内容

(1)施策説明  

「『関東スマコミ連携体』の今後の取り組みについて」
関東経済産業局 資源エネルギー環境部長 遠藤 健太郎

(2)基調講演

「スマートコミュニティ形成における産官学民の適切な役割分担と設計」
早稲田大学 准教授 小野田 弘士 様

(3)パネルディスカッション

「柏の葉スマートシティの構築を通じた公・民・学の連携による街づくり」
柏市 企画部 参事(柏の葉 特命広報担当) 奥山 勤也 様
三井不動産株式会社 柏の葉街づくり推進部  事業グループリーダー 玉置 敏浩 様  
モデレーター:早稲田大学 准教授 小野田 弘士 様

(4)今夏の電力需給対策及び節電のお願い

関東経済産業局 資源エネルギー環境部 総合エネルギー広報室

お問い合わせ先

関東経済産業局 資源エネルギー環境部 総合エネルギー広報室  原山・桑山
電話:048-600-0355(直通)

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.