関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 消費者行政・製品安全 > 特定商取引法について

特定商取引に関する法律(特定商取引法)について

 特定商取引法(旧称「訪問販売法(訪問販売等に関する法律)」)は、訪問販売や通信販売等、以下に挙げる消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。これにより、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守るための法律です。

※ 特定商取引法の対象となる取引類型

  1. 訪問販売(外部サイトへ)
  2. 通信販売(外部サイトへ)
  3. 電話勧誘販売(外部サイトへ)
  4. 連鎖販売取引(外部サイトへ)
  5. 特定継続的役務提供(外部サイトへ)
  6. 業務提供誘引販売取引(外部サイトへ)
  7. 訪問購入(外部サイトへ)

法改正について

特定商取引に関する法律が改正されました  【平成25年2月21日施行】
~施行に伴い、新たに訪問購入業者に規制がかかります~

 昨今、自宅に押しかけた事業者に貴金属等を強引に買い取られるといった被害が増えていることを受け、新たに「訪問購入」の規制を盛り込む「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律」(平成24年法律第59号)が平成24年8月22日に公布され、平成25年2月21日に施行されました。(消費者庁のサイトへ)

 

◆特定商取引に関する法律についてのお問い合わせについて

◆その他

特定商取引に関する法律に関する詳細は次のサイトをご覧ください。

特定商取引法違反事業者に対する行政処分は以下をご覧ください。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.