関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 消費者行政・製品安全 > 割賦販売法 > 株式会社だいかい友の会の前払式特定取引業の許可取消しに伴う還付手続きについて

株式会社だいかい友の会の前払式特定取引業の許可取消しに伴う還付手続きについて

 経済産業省は、平成25年4月23日、割賦販売法に基づく前払式特定取引業者である株式会社だいかい友の会に対し、同法第35条の3の62で準用する同法第23条第2項に基づき、改善命令違反による前払式特定取引業の許可の取消しを行いました。
 また、あわせて、同事業者の友の会会員の皆様に対し、同日から、割賦販売法に基づき供託している営業保証金及び前受業務保証金についての還付(返金)手続を開始しました。

還付公示から配当までのスケジュール

画像をクリックすると拡大します

債権申出の受付(平成25年9月20日まで申出期間を延長しました。)

 還付を希望する「だいかい友の会」会員の方は、平成25年9月20日までにお申し出ください。平成25年9月21日以降の申出は受け付けられませんので御注意ください。
(申出書の受付を終了しました。なお郵送の場合、9月20日消印のものは受付対象となります。)

1.債権申出の受付開始について

2.債権申出の対象者及び受付期間

【対象者】   だいかい友の会会員の方  
【受付期間】平成25年4月23日(火)~平成25年9月20日(金)
                 (郵送の場合は平成25年9月20日(金)消印有効)

3.債権申出に必要な書面

(1)「申出書」(PDF:133KB)【必須】 ※申出書記載例(PDF:224KB)
(2)「還付を受ける権利を有することを証する書類」(PDF:400KB)
(3)「申立書」(PDF:108KB)

※だいかい友の会から提出を受けた会員台帳に基づき、関東経済産業局より会員の皆様に対して以下のお知らせ文と申出関係書類を郵送いたしました。

書類が届かない場合等は、下記問い合わせ先までご連絡頂くか、上記書類等をダウンロードして頂きご提出下さい。また、以下の機関でも申出関係書類を用意してあります。

【関係書類の入手先】※5月29日以降入手が可能です。
新潟県 県民生活・環境部消費者行政課、新潟県消費生活センター及び新潟県地域振興局、新潟市消費生活センター及び新潟市各区役所・区民生活課、 三条市市民窓口課、新発田市市民生活課、村上市消費生活センター、燕市商工振興課、阿賀野市市民生活課、胎内市商工観光課、聖籠町消費生活センター

4.債権の「申出書」の提出の方法

(1)関東経済産業局へ郵送、
(2)関東経済産業局に持参又は
(3)現地受付(平成25年6月26日から7月2日 朱鷺メッセ)会場(PDF:77KB)に持参のいずれかの方法で御提出ください。(現地受付は終了いたしました。)

5.債権申出に関するお問い合わせ先

関東経済産業局「だいかい友の会」還付申請受付窓口
電 話:048-600-0349(直通)

よくあるお問い合わせ

  1. 「だいかい友の会」の会員だが、どうすればよいか。(PDF:87KB)
  2. 「だいかい友の会」の会員であるか分からない。(PDF:54KB)
  3. 債権の申出とは何か。(どのように申し出ればよいか。)(PDF:64KB)
  4. 債権の申出をするために、事前に契約を解除する必要がありますか。(PDF:47KB)

4-2. 契約解除の申出は、「だいかい友の会」窓口にて行わなければならないのか。
        (PDF:53KB)

  1. 契約の解除を行っても支払った掛け金が返ってこないことがあるのか。(PDF:55KB)
  2. 還付手続は、具体的にどのように進みますか。(PDF:64KB)
  3. 還付手続に参加できるのは、どのような人か。(債権の申出ができるのは誰か。)(PDF:58KB)
  4. 還付手続により、どの程度返金されるのか。(PDF:61KB)
  5. 還付の手続にはどの程度時間がかかるのか。(いつ頃返金されるのか。)(PDF:47KB)
  6. 債権の申出をする場合、どのような書類が必要か。(PDF:78KB)
  7. 債権の申出をしなかった場合はどうなるのか。(PDF:46KB)
  8. 「還付を受ける権利を有することを証する書面」全てが無いと還付を受けられないのか。(PDF:46KB)
  9. 「だいかい友の会」と契約していたが、債権を証する書類をなくしてしまった。(PDF:57KB)
  10. 申出書が郵送されてこないのだが、どうすればよいか。(PDF:55KB)

これまでの経緯

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.