関東経済産業局TOP > 施策のご案内エネルギー広報 > 「自動車の電動化を見据えた産業構造の変化への対応と広域関東圏における地域企業参入可能性」について取りまとめました

「自動車の電動化を見据えた産業構造の変化への対応と広域関東圏における地域企業参入可能性」について取りまとめました

自動車関連産業は、日本の産業を牽引するフロントランナーであり、広域関東圏においても、地域の経済や雇用を大きく支えています。しかし、現状は、自動車の電動化が進む流れにあります。自動車の電動化の進展は、現在の自動車産業の産業構造を変化させる可能性を秘めているため、このような状況は、自動車が広域関東圏の産業を支えている現状を揺るがしかねない状況にあります。

このような背景のもと、国内の地域企業が、電気機械産業や半導体産業等の他の産業で培った技術を活用し、車載用二次電池若しくはモーターに関連する開発又は製造に進出した事例調査や、車載用二次電池・モーター関連の大手企業の技術ニーズに関する調査等を実施し、当該各種調査の実施を通じ、ニーズ企業と地域企業とのマッチング/コーディネート手法のあり方をまとめました。

電池・モーターに関するニーズ企業と地域企業との最適なマッチング/コーディネートに御活用下さい。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.