関東経済産業局TOP > 施策のご案内エネルギー広報 > 広域関東圏水素・燃料電池シンポジウム「関東圏における水素・燃料電池社会の実現に向けて」を開催します

広域関東圏水素・燃料電池シンポジウム
「関東圏における水素・燃料電池社会の実現に向けて」を開催します

 経済産業省では、2013年に産学官からなる「水素・燃料電池戦略協議会」を設置し、2014年6月には「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を取り纏めました。現在、同ロードマップで定められた目標に基づき、国、地域、産業界等において様々な取組が進められているところです。
 本シンポジウムでは、水素社会の実現に向けた取組の加速化を目指し、水素ステーションの整備や燃料電池自動車の導入促進、市場規模の急速な拡大が期待されている関連産業の振興、地域の特徴や特性を生かした再生可能エネルギーの利活用などの視点から、関東圏における水素社会の実現に向けた取組と今後の課題や展開等について、具体的な事例を交えながら紹介します。
 また、関係省庁、自治体、産業界等を構成メンバーとし、関東圏における関係者間の情報共有や関連産業の支援を行うためのプラットフォーム(関東圏水素・燃料電池連携体(仮称))の結成構想についての説明も行います。なお、本シンポジウムは(一財)日本立地センターの後援を得て、経済産業省関東経済産業局が主催するものです。

開催概要

開催日時 平成28年3月18日(金)13:30~16:30
(開場 13:00)
場所 富国生命ビル 大会議室
(千代田区内幸町2丁目2-2)
■地下鉄「内幸町」駅 A6出口直結
■地下鉄「霞ヶ関」駅 C4出口徒歩3分
■JR各線「新橋」駅 日比谷口徒歩6分
主催  経済産業省 関東経済産業局
後援 (一財)日本立地センター
プログラム

1.開会挨拶    
  経済産業省 関東経済産業局 資源エネルギー環境部長

2.講演・事例発表  

「水素社会の実現に向けた取組の加速~ロードマップの改訂
状況について~」    
 星野 昌志  資源エネルギー庁 燃料電池推進室 
        室長補佐 

「燃料電池バレーの実現に向けた山梨県の取組」    
 志村 篤紀  山梨県 産業労働部 成長産業創造課 
        副主査    

「SIC燃料電池研究会の今までの10年、これからの10年」    
 永井 直文  株式会社さがみはら産業創造センター 
        燃料電池研究会 プロジェクトリーダー    

「水素エネルギーの利用と安全について」    
 廣瀬 正典  水素供給・利用技術研究組合(HySUT) 
        安全基盤研究部長    

「水素・燃料電池分野ビジネスマッチングの取組と実績」    
 田島 收    一般財団法人大阪科学技術センター 
         技術振興部 コーディネーター

3.構想説明  

「関東圏水素・燃料電池連携体(仮称)」の立ち上げについて     
 経済産業省 関東経済産業局 資源エネルギー環境部長

お申込方法 ※申込期限前となりますが、多数の皆様方からのお申し込みにより、募集を締切させていただきます。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.