関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 製造産業 > サポーティングインダストリー >  中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画(第25回)を認定しました

中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画(第25回)を認定しました

 関東経済産業局では、「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」に基づいて申請のありました特定研究開発等計画について、平成24年7月20日、新たに204件を認定しました(詳細については、別紙1、別紙2参照)。

 なお、同法に基づく「特定ものづくり基盤技術高度化指針」が平成24年4月12日に変更し、2技術を追加して22技術分野になりましたが、追加された技術分野である冷凍空調において5件、塗装においては8件を初認定しました。

 これにより、関東経済産業局管内の1都10県における認定件数は、今回の認定を含め1,575件となりました。

<参考資料> … 資料番号をクリックすると一覧表が開きます。

■ 「特定研究開発等計画」の認定を受けることにより、戦略的基盤技術高度化支援事業(委託事業)、中小企業信用保険法の特例、特許料等の特例等の支援措置を受けることができます。

※戦略的基盤技術高度化支援事業の採択にあたっては、中小ものづくり高度化法に基づく特定研究開発等計画の認定を受ける必要があります。 なお、平成24年度戦略的基盤技術高度化支援事業の公募については終了しております。

■ 特定研究開発等計画の認定申請は、随時受け付けております。認定にあたっては、組込みソフトウェア・金型・鍛造・鋳造等の各技術分野の特定ものづくり基盤技術高度化指針(技術指針)に認定申請の内容が適合していることが必要ですので、事前に関東経済産業局製造産業課までご相談ください。

  認定及び技術指針の概要については、下記アドレスよりご覧いただけます。

プレス発表資料

(ご参考)過去の認定結果(第1回~第24回)

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.