関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 製造産業 > ものづくり

ものづくり

 「ものづくり」は我が国の国際競争力の源泉であり、「ものづくり日本大賞」や「元気なモノ作り中小企業300社」などを通じ、国民的に「ものづくり」を盛り上げていく機運を高め、「ものづくり」に携わる方々が誇りを持って仕事に取り組むことができる社会、次代を担う若者や子供達が尊敬や憧れを抱いて、将来の仕事として「ものづくり」に関心を持てるような社会の実現を目指していきたいと考えております。

ものづくり日本大賞とは


ものづくり日本大賞とは、我が国産業・文化を支えてきた「ものづくり」を継承・発展させるため、ものづくりを支える人材の意欲を高め、その存在を広く社会に知らしめることを目的に創設した内閣総理大臣表彰です。

経済産業省、文部科学省、厚生労働省及び国土交通省の4省庁連携により、平成17年に第1回を開催し、その後2年に一度開催することとしています。

ものづくりの中核を担う中堅人材、伝統の技を支える熟練人材及び将来を担う若手人材を表彰します。また、チームワークが我が国の強みであることを踏まえ、個人のみならず、グループも受賞の対象とします。

各省庁は、有識者で構成される第三者委員会の審査等を踏まえて受賞者を選定し、受賞者には賞状が授与されるとともに、内閣総理大臣賞及び経済産業大臣賞の受賞者には副賞としてメダル・徽章・楯が授与されます。

元気なモノ作り中小企業300社とは


 ものづくり中小企業は、国際競争力のある製造業を支え、富を我が国にもたらしているとともに、地域の雇用の創出や地域経済の活性化に大きく貢献しています。
 経済産業省では、このような重要な役割を果たしている優れたモノ作り中小企業を2006年以来、毎年、「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に取りまとめ、中小企業の今後の励みとなるよう、また、若年者などがモノ作りに対する関心を持つきっかけになるよう願い、広く国民等に対して具体的な姿で分かりやすく紹介しています。

 また、関東経済産業局では、中小企業基盤整備機構と連携し、これらの選定企業等への継続的な応援活動を「先進ものづくり企業フォーラム」として、以下の取組を展開しています。
 
 1 先進的な取組事例の紹介、新たなネットワーク(連携)づくりの場の提供
 2 新たな300社候補等を発掘し、応援していく仕組み作り

新着情報

ものづくりメールマガジン~応援します!ものづくり~ 発行中

「ものづくり」を応援する補助金やセミナー等の施策をタイムリーに電子メールで配信しています。
月に数回、不定期です。
ご希望の方は、

までお気軽にお申し込み下さい。

関連リンク

関連施策

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.