ホーム > 施策の御案内 > 成長戦略 > 「中小企業・自治体連携によるSDGsの可能性」シンポジウム~SDGs達成を通じた地域の稼ぐ力の向上に向けて~を開催しました

「中小企業・自治体連携によるSDGsの可能性」シンポジウム~SDGs達成を通じた地域の稼ぐ力の向上に向けて~を開催しました

2017年6月に公表した「関東経済産業局の戦略プログラム2017」に基づき、SDGs達成を通じた地域中小企業等の競争力強化を目的として、中小企業や自治体等が連携して取り組む社会課題解決に向けた取組を推進しています。

本分野の取組を加速化させていくため、SDGs達成を通じた地域の稼ぐ力の向上に向けた取組の可能性や中小企業・自治体等による先進事例を発信するシンポジウムを開催しました。

本シンポジウムでは、SDGs研究の第一人者の慶應義塾大学大学院 蟹江教授を始め、先進的な取組を行う自治体、企業等から登壇頂き、民間・自治体・支援機関等に対して、SDGs達成(社会課題解決)×ビジネスの取組創発に向けた気づき・ヒント等を提供し、SDGs達成を通じた地域の稼ぐ力の向上に向けた機運づくりを行いました。

開催結果概要・当日のアンケート結果等は以下からダウンロードして御確認下さい。

また、当日の登壇者の講演資料、事務局の説明資料も以下からダウンロード可能です。SDGs達成を通じた競争力強化のための取組に向けてお役立て下さい。

開催概要

日時 平成30年2月15日(木)13:00~16:00
場所 ラーニングスクエア新橋
主催等 【主催】関東経済産業局
【後援】内閣府地方創生推進室
参加者 約170名(企業、自治体、金融機関、支援機関、大学等)
プログラム (1)主催者挨拶  

関東経済産業局長 後藤 収

(2)プロジェクトコンセプト説明

関東経済産業局 総務企画部長 佐竹 佳典

(3)基調講演

講演①:慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授 蟹江 憲史 氏

講演② 内閣府地方創生推進事務局 参事官 遠藤 健太郎 氏

(4)自治体・地域中小企業等によるSDGs達成に向けた先進事例紹介

①横浜市:国際局 国際技術協力課 担当課長 野上 和義 氏

②(株)大川印刷 代表取締役社長 大川 哲郎 氏

③日野市 地域戦略室 副主幹 中平 健二朗 氏

④株式会社八十二銀行 法人部長 前田 剛彦 氏

 (5)SDGs達成に活用可能な支援施策等の説明 

関東経済産業局 企画課

(6)登壇者、事務局(関東経済産業局)等との名刺交換
シンポジウム当日の会場の様子 慶應義塾大学大学院 蟹江教授 事務局資料の一例

参考

持続可能な開発目標(SDGs)について
SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年を期限とする先進国を含む国際社会全体の17の開発目標。全ての関係者(先進国、途上国、民間企業、NGO、有識者等)の役割を重視し、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指して、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に統合的に取り組むもの。また、「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」(平成28年12月22日第2回持続可能な開発目標(SDGs)推進本部決定)において、政府全体及び関係府省庁における各種計画や戦略、方針の策定や改訂に当たっては、SDGsを主流化することとされている。

お問合せ先

関東経済産業局総務企画部企画課
担当:渡邉、鈴木
電話:048-600-0232
FAX:048-601-1284

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.