関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 流通/物流/サービス > 平成23年度エネルギー使用合理化事業者支援事業の交付決定及び2次公募について

平成23年度エネルギー使用合理化事業者支援事業の交付決定及び2次公募について

 一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)において公募が行われました平成23年度エネルギー使用合理化事業者支援事業の採択案件が決定いたしました。また、本事業の2次公募が開始されましたので、併せてご連絡いたします。

2次公募期間

平成23年8月8日(月)~8月29日(月)

平成23年度エネルギー使用合理化事業者支援事業の公募について
(グリーン物流パートナーシップ補助金の申請方法の変更について)

 平成23年度エネルギー使用合理化事業者支援事業の公募が行われます。
 エネルギー使用合理化事業者支援事業は、昨年度まで(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施してきましたが、本年度より一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が実施いたします。これに伴い、エネルギー使用合理化事業者支援事業の枠内で実施されてきたグリーン物流パートナーシップ補助金も実施主体が同団体に変更となります。
 また、グリーン物流パートナーシップ補助金につきましては、従前、グリーン物流パートナーシップ会議で推進決定後、国土交通省及び経済産業省の認定を実施しておりましたが、認定制度が廃止となりましたので、申請を希望される方は直接一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)へご申請いただくことになります。

公募期間

平成23年5月30日(月)~6月24日(金)

補助事業の概要

 事業者が計画した省エネルギーへの取組のうち、「技術の先端性」、「省エネルギー効果」及び「費用対効果」を踏まえて政策的意義の高いものと認められる設備導入費(生産能力増になる設 備を除く)について補助を行います。特に、先端的な設備・技術(※)や中小企業の取組等に対する導入補助に重点を置くこととします。
  さらに東日本大震災により生じている電力供給不足(特に夏場)の緊急節電対策として、電力削減効果が大きく、平成23年8月31日までに検収完了可能な事業(緊急節電対応事業)を先行採択します。

(※)「先端的な設備・技術」とは市場に普及しきっておらず、一定のリスクが残っており、一定 の費用(投資)回収期間が必要なものを指します。

対象者

法人格を有する事業者

補助率

[単独事業]

1/3以内 1件当たり補助金の上限は50億円/年度  
(補助金100万円未満(補助対象経費300万円未満)は対象外)

[連携事業]

1/2以内 1件当たり補助金の上限は50億円/年度  
 (補助金100万円未満(補助対象経費200万円未満)は対象外)

事業期間

原則単年度事業とする。

申請書類の作成について(ご注意ください)

 SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)が提供する「補助事業ポータル」(外部サイトへ)をご利用ください。交付申請書等は補助事業ポータルの入力が完了した後に、補助事業ポータルより発行される様式を活用して作成していただくことになります。ご利用にはアカウント(ID、パスワード)の取得が必要です。

※ご不明な場合はSII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)問い合わせ窓口までお問い合わせください。

問い合わせ先

一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII) 審査第一グループ         
TEL:03-5565-4463 FAX:03-5565-4462

 

グリーン物流パートナーシップ

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.