関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > エネルギー基盤の強靱化 > 第2回関東地方エネルギー基盤強化セミナー 「広域パイプライン網整備に向けた課題と対応」を開催します

第2回関東地方エネルギー基盤強化セミナー
「広域パイプライン網整備に向けた課題と対応」を開催します

本セミナーは終了いたしました。
多数の方にご参加いただきまして、ありがとうございました。 

 首都直下地震・南海トラフ巨大地震等の脅威に備えることは喫緊の課題となっています。こうした中、国民生活や経済活動に必要不可欠な石油、ガス、電力等のエネルギー基盤の強化を早急に進めることが必要です。
 首都圏をバックアップするエネルギー基盤の強化に関しては、本年3月にとりまとめられた「関東地方産業競争力強化戦略」においても、エネルギー供給ライン、エネルギー供給設備の多重化・分散化等の取組の方向性と、実現に当たっての国等への提言が盛りこまれたところです。
 また、本年4月11日にエネルギー基本計画が、6月3日に国土強靱化基本計画が閣議決定され、両基本計画にエネルギー供給網の強靱化が位置付けられました。
 こうした中、当局では、同戦略のフォローアップの一環として、外部有識者や地方自治体、企業の方々を講師としてお招きし、個別テーマに関するセミナーを開催することとしました。
 第2回セミナーでは、地方自治体及びガス事業を展開されている各社の皆様をお招きし、関東地方における広域パイプライン網の整備に向けた課題と対応について考えます。
 本セミナーは、内閣官房国土強靱化推進室との連携のもと、国土強靭化基本計画及び国土強靱化アクションプラン2014(平成26年6月3日国土強靱化推進本部決定)を踏まえ実施するものです。

開催概要

日時 平成26年11月7日(金)14:00~17:00
(開場13:30)
場所 全日通霞が関ビル 8階 大会議室B    
東京都千代田区霞が関3-3-3(地下鉄虎ノ門駅より徒歩5分)

東京メトロ 銀座線『虎ノ門駅』5・6・11番出口より 徒歩5分
東京メトロ 千代田線・日比谷線『霞ケ関駅』A13番出口より 徒歩8分
東京メトロ 丸ノ内線『国会議事堂前駅』2・3・4番出口より 徒歩8分
主催 経済産業省 関東経済産業局
参加費 無料 
プログラム

(1)開会挨拶

安藤 久佳  関東経済産業局長 

(2)講  演

①「東日本大震災時における広域パイプラインの有効性について」  
  佐竹 利明 氏  仙台市ガス局 製造供給部 港工場長   

②「茨城県内における天然ガスインフラ整備の推進等について」  
  稲見 真二 氏  茨城県 立地推進室長

③「福井県LNGインフラ整備研究会について」  
  東村 健治 氏  福井県 総合政策部長

④「日本海側からの広域パイプライン整備に向けた取組について」  
  堀江 忠司 氏  国際石油開発帝石株式会社 天然ガス供給本部
           天然ガス供給ユニット
                               シニア・コーディネーター   

⑤「天然ガスインフラ基盤強化と普及拡大に向けた自治体との連携について」  
  清水 精太 氏  東京ガス株式会社 総合企画部
           エネルギー・技術グループ マネージャー 

(3)質疑応答   

※講演者、演題等については変更となる場合がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ先

関東経済産業局 資源エネルギー環境部 ガス事業課 松岡、伊沢、目黒
電話:048-600-0411(直通)

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.