関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 貿易と国際化 > 輸入関係 > 国際輸入証明書

国際輸入証明書

1.根拠法令

 輸出注意事項16第14号 8貿局第372号

2.手続対象者

 輸入に当たって、輸出者が輸出国政府機関から輸入証明書(IC)及び通関証明書(DV)を求められることがあります。
相手国の輸出者から輸入証明書(IC)の要求を受けた日本の輸入者

3.申請方法

4.申請書類

5.申請書様式

申請書作成には、国際輸入証明書作成支援ツール(EXCEL)をご利用いただけます

 このツールは、「国際輸入証明書発給願」シートに入力すれば、「国際輸入証明書」(原本)、同(副本)、 同(写本)、同(税関確認用)の各シートに自動的に入力されるよう設定されております。
 なお、ダウンロード(保存)をした後に入力をし、印刷は各シートの指定された色のコピー用紙を使って個別に印刷して下さい。

● 下記表のWORDで作成の場合は、各様式に記入する内容は全て一致するようご注意下さい。

  申 請 様 式 名 通数  ダウンロード

※様式を印刷する場合には、(  )内の色の紙に印刷してください。

様式1 「国際輸入証明書発給願」 1通 (WORD:37KB) (白)
様式2イ 「国際輸入証明書」(原本) 1通 (WORD:41KB) (白)
様式2ロ 「国際輸入証明書」(副本) 1通 (WORD:39KB) (浅黄色又は青色)
様式2ハ 「国際輸入証明書」(写本) 1通 (WORD:39KB) (淡クリーム色)
様式2ニ 「国際輸入証明書」(税関確認用)
※注意  この証明書は両面印刷してください。
1通 (WORD:55KB) (ピンク色)

6.記載にあたっての注意事項 及び 記載例等

 (1)上記様式をダウンロードし、入力後、指定の色紙に印刷して下さい。
 (2)手書きは認められません。また、訂正を要する場合には、新たに作成し直して下さい。
 (3)国際輸入証明書発給願に次の事項が誓約されていること。
 1.当該貨物を本邦に輸入すること及び本邦に輸入通関しない場合は経済産業大臣の許可なくして他の仕向地に転送しないこと。
 2.当該貨物の一部又は全部についてその輸入が完了した後、遅滞なく、相手国の輸出者にDVを送付すること。

 (4)国際輸入証明書発給願の記載事項に虚偽のないこと。

 なお、(副本)、(写本)(税関確認用)各記載については(原本)記載例に準じて下さい。

7. IC受領後の手続き

 申請者は、ICの原本を相手国の輸出者に送付し、税関確認用はDV発給申請用として使用して下さい。
  ※なお、通関証明書(様式5「通関証明書」(WORD:40KB)(印刷時の紙は白色))は税関が発給します 。 DVに関するご質問は最寄りの税関にお願いします。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.