関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 貿易と国際化 > 種の保存法

種の保存法

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」 (以下、「種の保存法」という。)に基づき、象牙の原材料(カットピース、端材等)、象牙製品、うみがめ科(タイマイ等)の背甲や端材を取り扱う事業(以後、「特定国際種事業」という)を行う方は、届出が必要です。

象牙製品の小売販売をされる方へ
~種の保存法に基づく届出等のご案内~

経済産業局では、象牙製品の小売業のみを行う事業者を対象に以下の手続きを行っています。

1.象牙製品の小売販売を行う場合の手続き

(1)象牙製品の小売事業を行う場合

象牙製品の小売業のみ行う事業者は、経済産業局に特定国際種事業届出書(様式第1)の提出が必要です。届出は、販売を行う施設毎に行う必要があります。届出書の提出をしないで象牙製品の販売をすることは出来ません。

(2)届出事項に変更がある場合

代表者や住所など届出の内容に変更があった場合は、その日から起算して30日以内に特定国際種事業届出事項変更届出書(様式第4)を提出して下さい。

(3)事業を廃止する場合

特定国際種事業を廃止した場合は、その日から起算して30日以内に特定国際種事業廃止届(様式第5)を提出して下さい。

2.記載台帳の作成

象牙製品の販売を行っている小売業者は、特定国際種事業届出書の提出後に取引があった場合には、 販売施設ごとに「特定器官等の譲受け又は引取り等に関する確認・聴取事項等記載台帳(様式第2)」及び「記載台帳(様式第3)」を作成し、5年間保存してください。

3.届出先及びお問合せ先

(1)象牙製品の小売業のみ行う事業者

関東経済産業局 国際課
住所:〒330-9715
   埼玉県さいたま市中央区新都心1-1
電話:048-600-0262

※販売施設等の所在地が茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県の場合は、関東局へ届出を行って下さい。

(2)象牙製品の製造、卸売業およびタイマイ等の製造業を行う事業者

経済産業省 製造産業局 生活製品課
電話:03-3501-1089

※製造業者、卸売業者、製造・小売業者、卸売・小売業者は、本省へ届出を行って下さい。

(3)全形を保持した象牙、全形を保持したうみがめ科の甲の登録について

一般財団法人自然環境研究センター
電話:03-6659-6018

※全形を保持した象牙及びうみがめ科の甲の譲渡し等を行う場合には、事業者の方であるか個人の方であるかを問わず、譲渡し等をする前に環境大臣の登録を受ける必要があります。

(4)象牙製品等の海外取引(輸出入)に関するお問合せ先

経済産業省 貿易経済協力局 貿易管理部 野生動植物貿易審査室
電話:03-3501-1723

(5)種の保存法全般に関するお問合せ先

環境省 自然環境局 野生生物課
電話:03-3581-3351(代表)

※象牙、うみがめ科の甲以外の動物の規制に関するお問合せもこちらです。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.