関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 貿易と国際化 > よくある問い合わせ(貿易関係(関税割当除く))

よくある問い合わせ(貿易関係(関税割当除く))

全般

Q1 輸出入を行う場合、外国為替及び外国貿易法(外為法)では、何が規制されていますか。

Q2 申請は、どのような方法で行うことができますか。

Q3 申請をした後、審査にはどれぐらいの期間を要しますか。

Q4 輸出入が適切に行われなかった場合、何か罰則や処分があるのですか。

輸出

Q5 輸出にはどのような規制がありますか。

1.輸出許可

Q6 輸出許可が必要かどうか、確認する方法を教えてください。

Q7 キャッチオール規制とは何ですか。

Q8 キャッチオール規制の対象地域はどこですか。

Q9 キャッチオール規制の対象となるものは何ですか。

Q10 「該非判定」はどのように行えば良いですか。

Q11 同一の取引の中で該当貨物と非該当貨物が混在する場合には、価格の記載はどのようにすればよいのでしょうか。

Q12 包括許可とは何ですか。

(1)貨物

Q13 少額特例とは何ですか。

Q14 加工する者と費消する者が存在し、それぞれの所在国が異なる場合には、申請書上、どのように記述すればよいでしょうか。

Q15 仕向地には、国名を記入するのでしょうか。

Q16 経由地が航空便により2通り考えられる場合には、申請書の経由地欄はどのように記載すればよいのでしょうか。

Q17 価格欄に記載する価格は、どういう種類の価格を記載するのでしょうか。

Q18 海外の射撃大会に出場する選手が携行する銃の輸出許可申請について、買主・荷受人・需要者、荷受人住所、需要者住所はどのように記載するのでしょうか。

(2)役務

Q19 外為法の許可が必要となる技術提供の取引とは、何を指すのでしょうか。

Q20 「技術」とは何を指しているのでしょうか。

Q21 許可が必要な取引の対象となる技術とは、どのようなものでしょうか。

Q22 外国人と取引するときには、「役務取引許可」が必要なのでしょうか。

Q23 日本国内で技術提供する場合、許可は不要でしょうか。

Q24 CD-ROMを国外に持参する場合、許可は必要でしょうか。

Q25 貨物の「使用」とは、何でしょうか。

Q26 市販されているプログラムを提供する場合、許可は必要となるでしょうか。

Q27 輸出貨物と同時に提供されるプログラムであっても、許可は必要でしょうか。

Q28 役務取引許可の審査では、どこに重点が置かれるのでしょうか。

2.輸出承認(安全保障貿易関係以外)

Q29 ワシントン条約(付属書Ⅰ、付属書Ⅱ)に掲載されている動植物及び派生物(生きているか加工品かを問わない)の輸出したいのですが、手続きが必要ですか。

Q30 ワシントン条約の付属書Ⅰ、付属書Ⅱに該当するか、どうすれば確認できますか。

Q31 輸出入する動植物の学術名称が分からないのですが、どうしたらよいでしょうか。

Q32 かすみ網の申請書類について教えて下さい。

Q33 外国人観光客等にらん等植物を販売し、ハンドキャリーで海外に持ち帰る場合の手続きは、日本の販売企業等が輸出許可申請を代理申請することは可能か。

輸入

Q34 輸入にはどのような規制がありますか。

Q35 事前確認申請に添付するCITESの書類が、ワシントン条約のⅡ種とⅢ種と混在している場合、事前確認申請書の記載はどのようにすればよいですか。

(参考)経済産業省 Q&A集

経済産業省では、貿易管理関係について、以下のQ&Aを公表しています。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.