関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 産業立地・地域未来投資 > 「関東圏の新たな企業立地動向の実態把握及び工場跡地活用について ~圏央道及び北関東道周辺における立地の特徴と工場跡地の活用~」 を取りまとめました

「関東圏の新たな企業立地動向の実態把握及び工場跡地活用について ~圏央道及び北関東道周辺における立地の特徴と工場跡地の活用~」 を取りまとめました

 首都圏では、高速道路網の整備が急速に進んでいます。2011年には北関東自動車道が開通し、また首都圏中央道路自動車道(圏央道)では、2015年度中には新区間の開通により、東名、中央、関越、東北、常磐の主要高速道路が圏央道で繋がる予定となっています。
 そこで、交通アクセスの利便性が生産拠点等の新規立地にどの程度影響を及ぼしているのか、立地を決定する要因を中心に新たな企業立地動向の実態を調査しました。また併せて、国内生産拠点の海外移転等を背景に発生している工場跡地の活用事例についても調査し、別添のとおり取りまとめました。

お問合せ先

関東経済産業局 地域経済部 企業立地支援課   
電話:048-600-0272 FAX:048-601-1287

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.