関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 事業承継 > 事業承継時の金融支援

事業承継時の金融支援

 先代経営者の死亡または退任により事業承継をする際には多額の資金ニーズが発生する場合があります。
  例えば、相続などにより分散した株式や事業用資産の買取り資金や、後継者が相続・贈与を受けた場合の納税資金が必要となります。また、経営者の交代により信用状態が低下し、取引先から支払サイトの短縮を求められたり、金融機関から借入れをする際に金利等の条件を厳しくされたりするなど、資金繰りが悪化する場合もあります。さらに従業員などに親族外承継を行う際には、この後継者が株式等を譲り受けるための資金が必要となります。
  そこで、経営承継円滑化法では中小企業信用保険法の特例や日本政策金融公庫法の特例をなどの金融支援措置を講じています。(※)

※「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における事業承継税制・金融支援の認定や報告等はこれまで各地方経済産業局が窓口となっていましたが、平成29年4月1日から都道府県に変更になります。同日以降は制度適用のために必要な書類の提出や手続の相談につき、申請企業の主たる事務所が所在している都道府県の担当課あてにお願いします。

詳細は下記をご確認下さい。

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.