関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 産業人材 > 高度経営人材ビジネス教育プログラム

高度経営人材ビジネス教育プログラム

 関東経済産業局では、新産業創出戦略の一環として、産業支援機関での活用を念頭に、中小企業経営者等が経営革新や新事業創出等を行うために必要なビジネス知識と実践力を体系的に身につけるための高度人材ビジネス教育プログラムモデルの開発に取り組んでいます。

平成27年度の取組み

平成26年度の取組み

 平成26年度では、高度人材ビジネス教育プログラムモデルの第二版※をとりまとめ、プログラム実施機関が研修等を実施するに当たって取り上げるべき基本となるカリキュラム(案)をまとめました。これらの内容については、主として第二創業を目指す中小企業経営者や中小企業後継者など、次代を担う経営者層を対象に、昨年度作成したプログラム(第一版)及び中小企業大学校や商工会議所等が実施している研修内容を基に構成を行ったものです。
 本プログラムモデルは、プログラムの取りまとめの趣旨と経営者等の皆様のプログラムへの参加意欲を高めて頂くための「総論」、プログラム実施機関が研修等を実施するにあたって取り上げるべき基本となる「カリキュラム概要(案)」、モデルとなる中小企業の取り組み事例を研究し、実践的なビジネススキルを習得することを目的とした「期待される中小企業モデル事例集」の3部構成として整理しています。

【※高度経営人材ビジネス教育プログラム(第二版)の概要】

 本プログラムモデル第二版の中で、事例集「期待される中小企業モデル事例集 ~成功事例を題材に実践的なビジネス展開を学ぶ~」を作成いたしました。

 この事例集は、平成25年度に作成した「中小企業事例研究」に掲載した13事例について、本カリキュラムの項目に照らして再構成を行うとともに、内容的にも更に充実させ、新たにサービス業等の3事例を追加しました。平成25年度版と同様に、今後の事業戦略を検討されている地域の中小企業経営者の皆様や、今後起業を考えている方々にとって何らかの参考になる内容と思われます。ご活用いただけると幸いです。

 以下よりダウンロードの上、ご覧下さい。

平成25年度の取組み

【高度人材ビジネス教育プログラム(第一版)の概要】

 平成25年度では、高度人材ビジネス教育プログラム第一版をとりまとめ、リーダーシップ、ヒューマンスキル特性についての理解を深める「自己分析プログラム」、計画立案、財務、マーケティング等のビジネススキルを学ぶ「ビジネス基礎プログラム」及び中小企業経営や創業(起業)にとって参考となる成功モデルを分析した「中小企業成功事例研究」の3部構成として整理しています。

 本プログラムの中で、事例集「中小企業成功事例研究 ~成功事例を題材に実践的なビジネス展開を学ぶ~」を作成いたしました。  

 この事例集は、プログラムのモデルとなるような中小企業の取組事例を研究することを念頭に作成していますが、今後の事業戦略を検討されている地域の中小企業経営者の皆様や、今後起業を考えている方々にとって何らかの参考になる内容と思われます。ご活用いただけると幸いです。  

 以下よりダウンロードの上ご覧下さい。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.