関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 産学官連携 > 先端イノベーション拠点

先端イノベーション拠点

平成21年度産業技術研究開発施設整備費補助金(先端イノベーション拠点整備事業)の採択結果について

 平成21年度「先端イノベーション拠点整備事業」(正式名称:産業技術研究開発施設整備費補助金)に係る交付先について公募(5/7~28)を行い、外部有識者による評価を踏まえ、経済産業省本省において厳選な審査を行った結果、当局管内では6件(全国16件)の応募者を交付先として採択することが決定されました。
 これを受けて、当局としては、大学・研究機関と企業とが共同体制を構築し、出口志向の先端的な研究開発を行うイノベーション拠点の整備を支援してまいります。

【当局管内の採択状況】
◆「サイバニクス研究センター」
  (採択事業者:国立大学法人筑波大学)
◆「低炭素工学イノベーション拠点(仮称)」
  (採択事業者:国立大学法人東京大学)
◆「グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター」
  (採択事業者:学校法人早稲田大学)
◆「再生医療・新薬開発共同研究センター(仮称)」
  (採択事業者:財団法人実験動物中央研究所)
◆「横浜バイオ医薬品研究開発センター(仮称)」
  (採択事業者:財団法人木原記念横浜生命科学振興財団)
◆「原子力耐震・構造研究拠点」
  (採択事業者:学校法人新潟工科大学)

 ※各事業の概要は当局プレス資料を参照願います。


 ※当局のプレス資料はこちら(PDF354KB)

 ※経済産業省のHPはこちら

【本補助金の概要】
 〈本制度の目的〉
  大学、公的研究機関(独立行政法人研究所、公設試験研究機関等)、 企業等が集積しつつある地域において、出口(社会における新たな課題の設定、解決) を念頭に置いたイノベーション拠点の形成を推進するもので、我が国全体のイノベーション力の地力、底力を強化するものです。
 〈本制度の内容〉  
  出口指向の先端的な研究開発に取り組む大学、公的研究機関及びそれを活用しイノベーションを実現する企業が集積しつつある地域において、 大学・研究機関と企業が、共同体制を構築しながら、研究から応用開発、製品試験等による産業化まで共同で取り組む、 「先端イノベーション拠点」(研究開発施設)を整備するものです。




【本件のお問い合わせ先】
地域経済部産業技術課
担当:濱田、萩野 
TEL:048-600-0422

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.