関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 新エネルギー > バイオマス・ニッポン総合戦略(関東地域)

バイオマス・ニッポン総合戦略(関東地域)

「バイオマス」とは、家畜排泄物、食品廃棄物、間伐材、建設廃材、下水汚泥等を指します。これらバイオマスは、電気や熱、液体燃料等の「エネルギー」や、生分解性プラスチック、工業原料等への「製品」に転換する様々な可能性があります。今後、利活用技術の進展により可能性はさらに拡大して行きます。このバイオマスを最大限に活用し、持続的に発展可能な社会「バイオマス・ニッポン」を早期に実現することが求められています。
 当局では、「バイオマス・ニッポン総合戦略(平成14年12月27日閣議決定)」を関東地域において推進するため、農林水産省関東農政局、同関東森林管理局東京事務所、国土交通省関東地方整備局、同関東運輸局、環境省関東 地方環境事務所、管内都県(新潟県を除く。)及び関係団体とともに、「バイオマス・ニッポン総合戦略関東地域連絡協議会」の構成員として、特にエネルギー分野のバイオマスに関する施策の情報提供に努めています。
 なお、新潟県は、「北陸地域バイオマス・ニッポン推進連絡協議会」の対象区域であり、同戦略の北陸地域として、経済産業省では中部経済産業局が担っています。

関係リンク

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.