ホーム > 施策の御案内 > 中小企業支援 > 生産性向上特別措置法による支援(先端設備等導入計画)

生産性向上特別措置法による支援(先端設備等導入計画)

「生産性向上特別措置法」に基づき、2020年度までの「生産性革命・集中投資期間」において、中小企業の生産性革命の実現のため、市区町村の認定を受けた中小企業の設備投資を支援します。

新着情報

生産性特別措置法とは

経済産業省・中小企業庁では、中小企業の生産性革命実現のため、中小企業の新たな設備投資を、固定資産税の特例措置(最大3年間ゼロ~1/2)や、補助金審査の加点等により支援するため、平成30年6月6日に「生産性向上特別措置法」を施行しました。
本法では、中小企業が設備投資を通して労働生産性の向上を図る「先端設備等導入計画」を策定し、市区町村の認定を得ることで、各種の支援が受けられることになっています。

詳細は、中小企業庁のサイトを御覧下さい。

導入促進基本計画について

先端設備等導入計画について

【注意事項】
中小企業等経営強化法の経営力向上設備等に係る証明書と共通の証明書となります。
生産性向上特別措置法の施行日以降、新たな様式で証明書が発行される予定ですので御注意下さい。

関係法令等参考資料

関連リンク

お問合せ先

関東経済産業局 産業部 中小企業課
先端設備導入担当
電話:048-600-0394
FAX:048-601-1294

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.