ホーム > 施策の御案内 > 中小企業支援 > 「マネジメントメンター登録制度」 の御案内について

「マネジメントメンター登録制度/新現役交流会」 の御案内について

1.マネジメントメンター登録制度

企業などを退職された方や近く退職を予定している方で、  

  1. 豊富な実務経験
  2. 専門知識
  3. 築いてきた人的ネットワーク

などを活かして、地域・中小企業等の支援を通じてその活性化に貢献するため、関東経済産業局に御登録いただいた方々を指します。

登録要件

企業などを退職された方や近く退職を予定している方で、

  1. 中小企業の特性を十分に理解し、ボランティア精神と協調性のある方
  2. 1つの専門分野で通算してほぼ10年程度の経験があり、実務支援能力が十分に発揮できる方
  3. 登録時点の年齢が50歳以上の方
  4. 支援実施に際し、健康上の支障がない方
  5. 反社会的勢力でない方

※上記、登録要件を満たしていないことが判明した場合、登録を解除することがあります。

2.マネジメントメンターの登録方法について

  1. 登録申請書(EXCEL:1.2MB)、及び暴力団排除に関する誓約書(PDF:159KB)をダウンロードしてください。
  2. 登録申請書に必要事項を記載頂き、登録用メールアドレス( kan-nw@meti.go.jp )に電子メールで送信してください。
  3. 暴力団排除に関する誓約書に自署捺印後、関東経済産業局中小企業課(〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1-1)宛てに郵送してください。
  4. 事務局で必要書類を受領後、内容を確認し、2週間程度で登録の可否についてメールを送ります。
  5. 登録された方に当局から交流会の案内等のメールをお送りします。
    ※登録要件を満たさない方については登録をお断りすることがあります。
  6. プライバリシーポリシー(PDF:154KB)を必ず読み、承諾の上申請してください。     
    申請いただいた方は、承諾いただいたものとします。

3.新現役交流会

マネジメントメンターには、地域中小企業の抱える経営課題の解決のため、関東経済産業局及び地域の中小企業支援機関に寄せられた経営課題に対し、支援機関等と連携し課題解決のために皆様のお力をお借りしたいと考えています。

マネジメントメンターに御登録いただくと、関東経済産業局と地域の支援機関が共催する「新現役交流会(企業との個別面談会)」へ参加申込みができます。

新現役交流会の御案内

開催を希望する機関へ

自治体、商工会・商工会議所、金融機関等のうち開催を希望する機関は、当課までお問合せ下さい。

新現役交流会の様子

マネジメントメンターの支援事例等はこちら(電子広報誌いっとじゅっけん)

4.報酬等について

新現役交流会後にマネジメントメンターと企業との間で支援における報酬単価や、頻度、期間などの条件を決めていただいています。本制度は雇用を前提としたマッチング機会の提供を行うものではありませんので御注意下さい。

また、マネジメントメンターの支援を受ける企業に対しては、マネジメントメンターとの業務委託契約の締結をおすすめしています。

お問合せ先

関東経済産業局 産業部 中小企業課
電話:048-600-0322
FAX:048-601-1294

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.