関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 中小企業支援 > 下請取引適正化

下請取引適正化

平成29年度「下請取引適正化推進月間」の実施について

「取引条件 相互に築く 未来と信頼」

下請取引の適正化を一層推進するため、公正取引委員会と協力して、毎年11月に普及・啓発事業を行うこととしています。

下請取引適正化推進講習会(中小企業庁主催分:関東経済産業局管内のみ)

関東経済産業局管内開催分は全て終了しました。

なお、中小企業庁の委託により同旨の講習会(適正取引推進講習会)を随時開催しています。

また、公益財団法人全国中小企業取引振興協会主催により少人数で学ぶ初心者向けの下請代金支払遅延等防止法(下請法) 少人数制基礎コースを開催しています。

下請代金支払遅延等防止法

下請取引のルールは、「下請代金支払遅延等防止法」によって定められています。
 この法律は、親事業者(発注者)の不公正な取引の規制と、下請事業者の利益の保護を図るため、下請取引上の親事業者の義務と禁止行為を定めています。 中小企業庁と公正取引委員会では、親事業者がこの下請取引のルールを守らなかったときは、是正するよう指導を行っています。

下請中小企業振興法

下請振興法は,親事業者の協力のもとに,下請事業者自らがその事 業を運営し,かつ,その能力を最も有効に発揮することができるよう体質を根本的に改善し,下請性を脱して独立性のある企業に育つことを目的としています。

したがって,同じく下請事業者を対象にした下請法が指導・規制法規であるのに対して下請振興法は下請中小企業の支援法としての性格を有する法律です。

下請適正取引等の推進のためのガイドライン

「下請適正取引等の推進のためのガイドライン」は、下請事業者の皆様方と親事業者との間で、適正な下請取引が行われるよう、国が策定したガイドラインです。

下請かけこみ寺事業

中小企業庁では、平成20年度より下請かけこみ寺事業を実施し、下請事業者の取引上の悩みに対応しています。(財)全国中小企業取引振興協会を本部とし、各都道府県にかけこみ寺窓口を設置し、次の3点を中心に事業を行っています。

 下請代金支払遅延等防止法に基づく立入検査等を実施している当局と下請かけこみ寺は相互補完の関係にあり、連携を取りつつ下請中小企業振興業務にあたっています。

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.