関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 中小企業支援 > 中小企業再生支援協議会の特徴

中小企業再生支援協議会の特徴

関係者間の調整

●政府系金融機関や信用保証協会のほか、商工会議所、商工会、中小企業支援センター、中小企業基盤整備機構など、他の機関とも連携し、公正中立な立場で複数の金融機関をはじめとする関係者間の調整を行います。
●また、政府系金融機関をはじめとする金融機関や信用保証協会とも連携し、様々な中小企業施策などを有機的に結びつけ、最大限活用しています。

事業面や財務面での改善

●事業再生に関する豊富な知識や経験を持つ常駐専門家のほか、必要に応じて中小企業診断士、公認会計士、税理士などの専門家を活用して、個々の中小企業者の特性にあった実現性の高い、的確な支援策を提示します。
●製品別・取引先別の採算管理などの管理会計の手法導入による事業の選択と集中、収益管理体制の確立や製造原価・販売管理費の見直しなどによるコスト削減策の提示などの事業面での見直しに向けた必要なアドバイスを行います。
●資産売却による債務圧縮、既存借入金の返済計画や売掛金回収期間の条件改善、長期資金の確保等、政策支援措置も活用しながら、資金繰り改善のための複数金融機関との調整や財務面での見直しに向けた必要なアドバイスを行います。

地域中小企業再生ファンドとの連携

●中小企業基盤整備機構が出資する中小企業再生ファンドの設置地域においては、各ファンドの運営会社と連携し、ファンド活用候補の紹介や再生計画の策定を支援します。これにより、中小企業の再生を財務面からも支援します。


〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.