関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 中小企業支援 > 経営革新支援

経営革新支援

中小企業が今日的な経営課題に即応するために行う経営革新を全業種に渡り幅広く支援します。

経営革新計画の承認を受けると、以下のような各種の支援策がご利用になれます。(注)支援策を受ける際には、別途支援機関の審査が必要です。

支援内容

  1. 政府系金融機関による低利融資制度
  2. 信用保証の特例
  3. 特許料などの減免措置
  4. 中小企業総合展
  5. 販路開拓コーディネート事業

対象となる方

事業内容や経営目標を盛り込んだビジネスプラン(『経営革新計画』)を作成し、都道府県または国の承認を受けた中小企業者、組合等
(注)経営革新計画は、以下の内容を含むことが必要です。

1)事業内容
  これまで自社で取り組んでいなかった、以下のような新たな事業活動を行うこと。

2)経営目標
  経営目標として付加価値額又は従業員一人あたりの付加価値額が年率3%以上伸び、かつ、経常利益が年率平均1%以上伸びる計画になっていること。
(※)付加価値額=営業利益+人件費+減価償却費

ご利用方法

1) 「経営革新計画」を作成する必要がありますので、都道府県の担当部局、中小企業支援センター、商工会・商工会議所、地域力連携拠点などにご相談ください。

2) 「経営革新計画」ができましたら、都道府県または国の担当部局に申請してください。計画内容の審査後、承認された場合には、承認書が交付されます。承認書は、上記の各種の支援策をご利用する際に必要になります。

経営革新計画のご案内

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.