関東経済産業局TOP > 施策のご案内 > 農商工等連携 >「農商工等連携事業計画」第22号認定について

「農商工等連携事業計画」第22号認定について

 関東経済産業局では、平成20年7月21日に施行された「中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動の促進に関する法律(農商工等連携促進法(PDF:383KB))第4条および第6条の規定に基づいて申請のありました、農商工等連携事業計画について、平成28年2月3日、第22号として5件を認定しました。

農商工連携事業計画 22号認定一覧

農商工等連携事業計画・・・5件

※は代表申請者

NO 事業名 事業概要 事業主体
(中小企業側)
事業主体
(農林漁業側)
1 相模湾高鮮度地魚のブランド化、および関連加工品の開発・販売
(PDF:325KB)

相模湾で捕れた鮮魚を独自の神経締め技術をより高めながら、神経締め以外にも水揚げ、氷締め、洗浄、保存・選別、出荷などの各工程に新たな取組を行い、高鮮度化を目指す。また、鮮魚の個別梱包、小ロット出荷など保存方法や出荷形態などを見直すことにより流通過程での鮮度保持を行うとともに、高鮮度化された地魚の販売方法の検討や、高鮮度地魚の特徴を活かせるような加工品開発に取り組む。 ※株式会社鮑屋(3021001032291)
(神奈川県)
原辰漁場
(神奈川県)
2 姫リンゴ等信州産果実丸ごと1個用いた和菓子の開発・量産・販売
(PDF:224KB)

アルプス乙女(リンゴ)は、外観・食味に優れることから機内食に取り上げられて話題になり、広く知られるようになったが、現在では用途がリンゴ飴等に限定されている。そこで、長野県を代表するリンゴとして育てていくため、「いちご大福」をヒントに、信州産の姫リンゴ(アルプス乙女)を丸ごと1個用いた「リンゴ大福」を開発・販売する。 ※有限会社カナメヤ製菓(9100002010433)
(長野県)
有限会社黒岩果樹園(1100002009202)
(長野県)
3 駿河湾深層水を活用した宮古島産海ぶどうの中間養生と新たな流通開拓
(PDF:183KB)

(株)沖友は藤枝市に駿河湾深層水を活用した中間養生施設を整備し、沖縄県宮古島市の長崎シーファームから養生に適した海ぶどうの供給を受け、中間養生することで流通期間を確保し、深層水の栄養塩で粒が肥大し活力がある藤枝出荷の海ぶどうを販売展開する。 ※株式会社沖友(5080001016537)
(静岡県)
長崎シーファーム
(沖縄県)
4 静岡県産の米と食材を活かしたレトルト薬膳粥等の開発および販売事業
(PDF:162KB)

(有)山本耕業が栽培方法等を研究したお粥に適した静岡産のコメと生薬、および地場野菜を活用して、(株)システックが、安心安全な静岡県産のレトルト薬膳粥や薬膳スープ等の開発・販売を目指す。 ※株式会社システック(1080401002223)
(静岡県)
有限会社山本耕業(3080002015300)
(静岡県)
5 静岡県産エシャレットの国産有機醤油漬け、ワイン漬け等の加工商品の開発製造及び販売
(PDF:201KB)

村瀬農園が栽培技術を開発した、加工に最適なエシャレットを活用して、(株)丸憲が地元で醸造された醤油や国産ワイン等で香味付けした漬物等を開発し、既存取引先への卸売やインターネット直販等の販路を開拓する。 ※株式会社丸憲(6080401010469)
(静岡県)
村瀬農園
(静岡県)

本件に関する問い合わせ先

関東経済産業局 産業部 経営支援課
担当:金丸、幕内、田口
電話:048-600-0332(直通)

〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 電話・FAX番号はこちら

Copy Right 2010 Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry All rights reserved.